情報リテラシー

July 14, 2011

古い書棚から〜怪童の私的書評005

奥山益朗編『消えた日本語辞典』、東京堂出版、1993年

 日本語を教える仕事をするようになって、日本語に敏感になっている。本書はずいぶん前にさらっと立ち読みをして、面白そうだったから買っておいて、結局通読することがなかったのだが、自分の日本語を見直すという意味で、最初から読み始めた。
 まず、これは辞書ではない。特に近現代史に関して、著者の個人的な思い込み(往々にしてそれは無知に発するものである)が紛れ込み、説教調の解説が鼻につく。さらに言えば、天下の朝日新聞社で出版校閲部長までした人の文とは思えない、おかしげな日本語も散見される。
 面白い言葉を拾っているのは確かで、この本には続編もあるというから、それなりに売れた本なのだろうけど、言葉を知りたい人間としては、戦中派にありがちな、事実関係を自分の感情で捻じ曲げた歴史解釈や反軍思想に辟易としてしまった。
 同種の本はたぶん他でも出ているだろう。筆者と同じ不愉快な思いをしたくなかったら、本書は絶対に勧めない。
※このシリーズは、最近読んだり、読み返したりした本の個人的な感想です。

October 28, 2010

尖閣列島は日本領と中共の地図が明記

『世界日報』の9月17日付記事の引用です
まぁ、わかっていたことですが
中共が尖閣諸島を自国領だと主張し始めたのは
1970年代になって
海底資源の存在が明らかになってからのことです
こんな恐ろしい国に
いまだに日本政府は国民の血税を
垂れ流しているのです
【怪童】

60年代の中国地図、尖閣諸島は日本領と認識―米紙
http://www.worldtimes.co.jp/news/world/kiji/100917-191757.html

中国政府の主張と「矛盾」
 【ワシントン早川俊行】16日付の米紙ワシントン・タイムズは、中国政府が1960年代まで尖閣諸島は日本の領土であると認めていたことを示す地図を掲載し、「釣魚島(尖閣諸島の中国名)は昔から中国固有の領土」とする中国外務省の主張は「矛盾する」と指摘した。

 同紙が入手したという地図は1969年に中国政府が作成したもので、同諸島を日本名で「尖閣群島」と表記している。紙面に掲載された地図は全体の一部分だけで、境界線の位置は確認できないが、同紙は「地図には尖閣諸島が日本の領土であることを示す境界線が引かれている」と指摘している。

 クリントン米国務長官は7月に南シナ海における航行の自由は米国の「国益」であると表明するなど、米国は中国の積極的な海洋進出に警戒感を強めている。同紙は「尖閣の争いは他国の領土や国際水域を支配しようとする中国の攻撃性と取り組みに対する米国の懸念を増大させる、もう一つの事例を提供している」と指摘した。

2010/9/17 19:17

ワシントン・タイムズの記事はこちらhttp://www.washingtontimes.com/news/2010/sep/15/inside-the-ring-145889960/print/


July 12, 2010

NHKが、また歴史歪曲

『国民新聞』によれば
NHKがまた日本の歴史を歪曲する番組を
放映したようです
詳細は追記をご覧ください

第二次上海事変は
蒋介石の国民政府軍が
上海を自ら爆撃し
自国民多数を犠牲にして
戦場にしたことで始まりました
これは歴史的事実です

南京、南京と
ありもしなかった大虐殺で
ことさらに日本軍が
大量殺戮をしたと嘘をつかねばならないのは
自らが自国民を盲爆によって虐殺したという
言い逃れのできない罪を
蒋介石と国民政府が
背負っているからです

それが証拠に
共産党政府は
毛沢東も周恩来も
近年にいたり
それが間抜けな日本政府から
金を引き出すキャッシュカードになることに気づくまで
偽南京事件のことなど
一言も口にしたことはありませんでした

上海の居留民を保護するために
不拡大方針だった日本政府は
派兵せざるを得なくなるのです
盧溝橋事件に始まる日支の紛争は
当初「北支事変」と呼ばれました
これを「支那事変」に拡大してしまったのは
日本政府の侵略的意図
(陸軍にはそのような考えを持つものもいましたが
彼らは北支を考えていた訳で
国際都市である上海に飛び火させようとは
考えていませんでした)などではなく
蒋介石自身なのです

歴史的事実をゆがめて
それを恥としないNHKは
日本相撲協会なんかよりも
遥かにたちが悪い存在です
【怪童】





続きを読む

恐るべき沖縄の「精神状態」

産経新聞に短期連載された
「揺らぐ沖縄 すり込まれた反基地」には
恐るべき沖縄の実態が書かれています
追記しておりますので
ぜひご一読ください

ソ連の崩壊によって
行き場を失った反日左翼の
草刈場になってしまった沖縄は
民主党政権によって破壊されていく日本の
最先端を走っているかのようです
もはや「精神錯乱」状態の沖縄を
正常化させるのは容易なことではないでしょうが
多くの人々がその実態を知り
沖縄の人々を正しい言論で
啓蒙していく以外に方法はないでしょう
【怪童】続きを読む

July 09, 2010

子宮頸がんワクチン「サーバリックス」の危険性

子宮頸がんワクチン「サーバリックス」の危険性を訴える情報が入って来ました。転送します。
(子宮頸がんワクチンの危険性)

子宮頸がんワクチン「サーバリックス」(英国製薬会社グラクソ・スミスクライン社製)にはアジュバンドという免疫増強剤が添加されており、アジュバンドは去勢・避妊薬であり人間に与えると一切妊娠ができなくなる完全永久不妊症となる「劇薬」指定の大変危険なものです。

このワクチンは鳩山政権発足直後の昨年10月16日に日本で承認され、これを公費で強制的にワクチン接種させようという運動が全国で起っています。
不思議に、承認される前からマスコミ等で大々的に取り上げ、先行的販売活動が始まっていました。

これを推進しているのは、「新日本婦人の会」(共産党系の団体)、創価学会・公明党、野田聖子を中心とする自民党婦人部、陰で操っているのは民主党です。

長妻厚労大臣が進めています。仁木博文代議士(民主党、徳島県)が特に推進しています。今回の自民党参議院候補三原じゅん子も推進者です。

民主党、自民党ともマニュフェストに推進を載せています。(下記ホームページ)

ワクチン「サーバリックス」の接種推進は、日本民族を根絶やしにしてしまおうという、外国勢力の策動が根本にあります。

「予防接種すれば、子宮頸がんにはかからず、誰とでも性交渉をしても大丈夫」として、女性の性の自由、自由な性交渉を推進するジェンダーフリーや男女共同参画推進派の動きと連動したものです。

公費を使ったワクチン接種強要は、女性を不妊症にさせ民族根絶やしにする国家的組織犯罪となります。

ご参考に、入手した資料と、日本の子供の未来を・守る会の北田智子さんの文書の要約したものを送ります。

子宮頸がんワクチンの危険性
http://www.thinker-japan.com/hpv_vaccine.html

教育研究会未来
http://www.emirai.jp/

日本の子供の未来を・守る会
http://mamoru0210.blog48.fc2.com/

民主党マニュフェスト2010 4子育て・教育
http://www.dpj.or.jp/special/manifesto2010/data/manifesto2010.txt

自民党政策マニュフェスト 43ワクチン施策の推進
http://www.jimin.jp/jimin/kouyaku/22_sensan/pdf/j_file2010.doc

June 21, 2010

良書紹介・『尖閣諸島灯台物語』(殿岡昭郎著)

尖閣列島は日本固有の領土です
日本人は大東亜戦争の後
自らの領土を掠め取られても
何とも思わない民族になってしまいました
北方領土、竹島と並んで
風前の灯の沖縄県尖閣列島
文科省が教えたがらない
領土の真実を
【怪童】



June 07, 2010

6月13日・戦略・情報研究会 2010年度東京第4回講演会・東京

戦略・情報研究会 2010年度東京第4回講演会(通算第76回)
http://mixi.jp/view_event.pl?id=53634619&comm_id=481052
〜 領土問題と国家の尊厳 −戦後置き去りにされたものを考える 〜
日時: 6月13日(日)14:30〜17:15(開場14:00)
内容: 講師基調講演 ⇒ 質疑応答&全体討論 <会後、講師交えて懇親会>
場所: アカデミー文京 学習室(文京シビックセンター地下1F)
http://www.b-civichall.com/access/main.html
東京都文京区春日1-16-21、03-5803-1100
Ξ 東京メトロ丸ノ内線後楽園駅4bまたは5番出口徒歩3分
Ξ 東京メトロ南北線後楽園駅5番出口徒歩3分
Ξ 都営地下鉄三田線/大江戸線春日駅連絡通路徒歩3分
Ξ JR中央・総武線水道橋駅徒歩8分
講師: 吹浦 忠正 氏(ユーラシア21研究所理事長)
参加費: 1000円(事前申し込みの学生に限り500円☆)
定員: 65名(定員になり次第申し込み締切)
【講師 プロフィール】
○ 吹浦 忠正(ふきうら ただまさ)氏
 1941年、秋田市生まれ。早稲田大学大学院修了。国際赤十字バングラデシュ/ベトナム各駐在代表、末次一郎事務所長、難民を助ける会副会長、埼玉県立大学教授などを経て、現在 評論家、拓大客員教授、聖心女子大学非常勤講師、難民を助ける会特別顧問、(社)協力隊を育てる会参与、安全保障問題研究会世話人、財団法人献血供給事業団監事、日本国際フォーラム評議員など。
 著書に『平和の歴史』(光文社新書)、『難民 −世界と日本』(日本教育新聞社)、『国旗で読む世界地図』(同)、『赤十字とアンリ・デュナン』(中公新書)、『NGO海外ボランティア入門』(自由国民社)、『にっぽん国際人流志』(同)、『ロシアへの反論(共著)』(同)、『歌い継ぎたい日本の心 −愛唱歌とっておきの話』(海竜社)、『捕虜の文明史』(新潮選書)、『捕虜たちの日露戦争』(NHK出版)、『戦陣訓の呪縛 −捕虜たちの太平洋戦争』(監訳、中央公論新社)、『社会人の社会科』(祥伝社)、『知っておきたい「日の丸」の話 −国旗の常識・日本と世界』(学研新書)など多数。国旗関係だけで、本やかるた、パズル、マンガ、物言う地球儀など計約40冊(作品)。
ブログ「新・徒然草」 ⇒ http://blog.canpan.info/fukiura/
お申込/お問合せ先: kunojun@amethyst.broba.cc
[当日] kunojun@ezweb.ne.jp <「@」は小文字で>
<御名前・御通勤/御通学先を明記のうえ事前お申込頂きますと当日の御記帳無しで入場頂けますので御協力頂ければ幸いです>

ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)