大東亜戦争

August 10, 2011

08/14/11¥シナの侵略から靖國・沖縄・日本を護る国民大集会・東京

■シナの侵略から靖國・沖縄・日本を護る国民大集会 第二弾
 〜数次ビザで沖縄から堤防が崩れる!シナ人の洪水だ!〜

----------------------------------激-----------------------------------------

沖縄の観光振興に名を借りてシナの工作が着々と成就しています。
沖縄経由で日本中が支那の工作員で溢れかえります。
先人が、英霊が護ってきた沖縄が大ピンチ!日本の危機です!
愛国者は立ち上がろう!
支那は、沖縄を日本属国化の第一歩の目標と定め、「日本は琉球の合法主権を持っていない」とまで主張しています。
そもそも明治7年、帝国政府は同じ大和民族でありながら清国の影響を強く受けていた沖縄の民族統一を図るため、台湾出兵を行いました。そして明治12年に沖縄県を設置し、近代国家日本の民族の統一に成功しました。
その台湾出兵にて戦死された英霊は靖國神社に祀られています。
いま、日本は明治維新直後と同じように支那と対峙しなければならない状況です。
今こそ、靖國の英霊の志を学び靖國に相集い 祖国を守りぬく事を共に誓おうではありませんか?
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
日時 8月14日(日)午後1時〜午後4時
場所 靖國会館 (東京件 靖國神社境内)
資料代 1000円 事前申込み不要 直接会場にお越しください

<登壇予定者(順不同)>
◎仲村俊子(沖縄防衛協会初代婦人部長)
◎伊藤玲子(建て直そう日本・女性塾 幹事長)
◎村田春樹(自治基本条例に反対する市民の会)
◎その他調整中

<主催> 沖縄県靖國神社参拝団
<共催> 支那の侵略から靖國・沖縄・台湾を護る国民大集会実行委員会
        委員長 村田春樹(090-7055-2500) 事務局 沼山光洋(090-3105-2030)
<協賛> 靖國会 / 維新政党・新風 / 自治基本条例に反対する市民の会
       日本会議宜野湾支部 / 日本会議うるま市部準備室 / そよ風
-------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
昨年の集会の動画を一部紹介させて頂きます。
■昨年の動画
平成22年8月14日 11:00〜13:00 靖国会館
「シナの侵略から靖國・沖縄・台湾・日本を護る国民大集会」
<来賓挨拶:平沼赳夫先生>
http://youtu.be/Ww02ULMpvEA
<開会の挨拶 実行委員長 村田春樹 >
http://youtu.be/63pCHys_WQk
<沖縄からの報告:仲村俊子(2/2)>
http://youtu.be/u90q-Il1IHk


July 11, 2011

08/15/11・平成23年度 戦没者追悼祈念講演会・大阪

平成23年度 戦没者追悼祈念講演会
●日 時 8月15日(月)午後2時〜4時半(開場 1時半)
     ※正午から大阪護國神社本殿にて英霊感謝祭を斎行しますので、ご参列の方は11時50分までにご集合下さい。
●場 所 住之江会館ホール TEL 06-6681-3401
      大市住之江区南加賀屋1-1-95大阪護國神社境内 奥の建物
      地下鉄・四ツ橋線「住之江公園」駅下車“崕亳から徒歩すぐ
      ※お車のご利用はなるべくご遠慮下さい。
●日本の歌 歌唱 (2時半〜2時50分)
     大峰 かず子 氏 (ソプラノ歌手)
【略歴】宮崎生まれ。大阪音楽大学声学科卒業。神戸オペラ協会公演「天国と地獄」でオペラデビュー。学校・地域・福祉施設でのコンサートでも活躍中。
●記念講演(3時〜4時20分)
 演題『この国を守るもの−英霊と自衛隊の人々』
 講師 桜 林 美 佐  氏 (ジャーナリスト)
【略歴】昭和45年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒。フリーアナウンサー、ディレクターとしてテレビ番組を制作した後、ジャーナリストに。著書に『奇跡の船「宗谷」−昭和を走り続けた海の守り神』『海をひらく−知られざる掃海部隊』『終わらないラブレター−祖父母たちが語る「もうひとつの戦争体験」』『誰も語らなかった防衛産業』。この他、国防問題などを中心に取材・執筆。
※入場無料
●主 催 英霊にこたえる会大阪府本部 TEL 06-6681-3401 FAX 06-6683-7397
      〒559-0015 大阪市住之江区南加賀屋1-1-95 住之江会館内
     日 本 会 議 大 阪 TEL 06-6245-5741 FAX 06-6243-1682
      〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号 大阪府神社庁内
     (担当 丸山)

February 20, 2011

映画「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」公開中です

 「太平洋の奇跡 フォックスと呼ばれた男」は、元アメリカ海兵隊員のドン・ジョーンズ氏の『タッポーチョ「敵ながら天晴」大場隊の勇戦512日』を原作として製作された日本映画。
 大東亜戦争の激戦地サイパン島で、わずか四十七人の兵で四万五千人もの米軍を巧みな戦略で翻弄し、米兵らから畏敬の念を込めて「フォックス」と呼ばれた大場栄陸軍大尉。サイパン玉砕の後も部下と共に、タッポーチョ山周辺を根城に米軍の掃戦から逃れ、敗戦後も、
その事実を知らずに戦い続け、昭和二十年十二月一日まで帝国軍人
として生き抜いた、奇跡の物語。 

太平洋の奇跡 
http://www.taiheiyo-no-kiseki.jp/index.html 
「映画「太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男Trailer.1 
http://www.youtube.com/watch?v=sELLlv0WKmg&feature=related 
「映画「太平洋の奇跡ーフォックスと呼ばれた男Trailer.2
http://www.youtube.com/watch?v=MfLNp4qp6g4&feature=related 
2010/H22.2.4/サイパン:大場榮大尉
http://www.youtube.com/watch?v=cMN2FmHQOoI&feature=related 
太平洋の奇跡戦後も戦い降伏命令書下山サイパン大場隊47士堀内と青野
http://sinzitusikan.iza.ne.jp/blog/entry/131251/ 


August 08, 2010

8月15日・平成22年度 戦没者追悼祈念講演会のお手伝いのお願い・大阪

日本会議大阪からのお願いです

お手伝いができる方は下記の時間にご集合をお願い致します。
何卒、宜しくお願い致します。
※集合時間 10時までにご集合下さい。
※集合場所 会場の住之江会館ロビー

また行事終了後、5時から護國神社別館「高砂の間」で講師の森永先生ご夫妻
を囲んで懇親会を開催致します。およそ6時半位で終了致します。

※会費は2100円(予定)です。

お手伝い及び懇親会にご参加ご希望の方は8月9日(月)までに丸山(携帯 
090-2598-6497)までご一報下さい。

◎講師の森永先生のご著書「トルコ 世界一の親日国」が森永先生のご好意
で、当日に限って500円で頒布致します。(定価 1575円のもの)是非、お買い
求め下さい。

●平成22年度 戦没者追悼祈念講演会のご案内
〜先人の功績が日本人を救った友情物語〜

今年は日本トルコ友好120周年。外務省は「トルコにおける日本年」とし、ト
ルコ国内で友好祝賀式典などを開催しています。両国友好の機縁は明治23年
(1890年)、オスマン帝国の使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が帰途、台風
に遭い、樫野崎沖で沈没、大島の島民の懸命な救助で69名が救出されました。そ
れから95年後、激化するイラン・イラク戦争のさなか、イランに取り残されよう
としていた日本人を今度はトルコの救援機が救出しました。

その友情物語の舞台裏について当時、商社マンとしてオザル・トルコ首相との
信頼関係から英断を促した立役者である森永先生が克明に語ります。

是非、護國神社・住之江会館にお集り下さい。

●日 時 8月15日(日)午後2時〜4時半(開場 1時半)
※正午から大阪護國神社本殿にて英霊感謝祭を斎行
ご参列の方は11時半までにご集合下さい。

●場 所 住之江会館ホール TEL 06-6681-3401
大阪市住之江区南加賀屋1-1-95大阪護國神社境内 奥の建物
地下鉄・四ツ橋線「住之江公園」駅下車“崕亳から徒歩すぐ
※お車のご利用はなるべくご遠慮下さい。

●イラン在留邦人救出事件に関するTV放映分の上映(2時半〜2時50分)
NHK「プロジェクトX」平成16年1/26放送分の上映を致します。

●記念講演(3時〜4時20分)

演題 『危機一髪!イラン在留邦人を脱出させたトルコ航空』(仮題)

講師  森永 堯(もりなが・たかし)氏
(元 伊藤忠商事イスタンブル支店長)

【略 歴】
昭和17年上海生まれ。昭和40年、伊藤忠商事入社後、アンカラ事務所長、イス
タンブル支店長、海外市場部長、中近東総支配人、中近東会社会長、社長などを
歴任。平成13年、伊藤忠マネージメントコンサルティング社長、18年退任。日
本・トルコ協会理事。トルコ政府より功績賞受賞。先ごろ、『トルコ 世界一の
親日国』(明成社)を上梓。

※入場無料

●主 催 英霊にこたえる会大阪府本部 TEL 06-6681-3401 FAX 06-6683-7397
〒559-0015 大阪市住之江区南加賀屋1-1-95 住之江会館内

日本会議大阪 TEL 06-6245-5741 FAX 06-6243-1682
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号
大阪府神社庁内(担当 丸山)

August 01, 2010

門田隆将著『この命、義に捧ぐ〜台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡〜』 フジテレビ「ザ・ノンフィクション」にて放送決定


門田隆将著『この命、義に捧ぐ〜台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡〜』
フジテレビ「ザ・ノンフィクション」にて放送決定
平成22年8月15日(日)14:00〜14:55
----------------------------------------------------

この命、義に捧ぐ  
台湾を救った陸軍中将根本博の奇跡



 昭和24年6月、九州・延岡から小さな漁船が夜陰にまぎれて静かに離れていった。その船には、元日本陸軍北支那方面軍司令官・根本博が乗っていた。終戦時、根本は駐蒙軍司令官として、大本営からの武装解除命令を拒否し、殺到するソ連軍と戦い抜いて内蒙古在留の4万人の邦人の「奇跡の脱出」を成功させた。この時、邦人を守ってくれた蒋介石と国府軍は4年後、国共内戦に敗れ、金門島へと撤退していた。彼らへの恩義を返すため、根本は密航を決意する。そして、ついに金門島に辿り着いた根本は、押し寄せる共産軍に立ち向かった。命を捨てることを恐れず、「義」のために生きた一人の日本人と、国境を越えてこれを支えた人たちの感動の実話。(集英社)

産經新聞書評
 1949年10月、国共内戦に敗れた国府軍は台湾に逃れ、共産軍は追撃の構えをみせて、大陸からわずか数キロの、国府軍が守る金門島に上陸した。国共両軍による最後の一大決戦、「金門戦争」である。この戦いで国府軍は上陸してきた共産軍を撃破、多くの捕虜を得て島を死守した。以後、共産軍は同島の攻略を断念した。
 実はこの作戦を立案したのは旧日本陸軍中将の根本博だった。彼は駐蒙軍司令官兼北支派遣軍司令官として終戦を迎え、蒋介石の邦人救助に恩義を感じて、蒋介石の窮状を救うべく、日本から数々の危険を冒し、密航して台湾に渡ったのだった。昨日までの敵の友情に感じて、義を貫いた日本人の物語。


June 29, 2010

7月10日・平成22年度拓殖大学学友会茨城県支部総会講演会・水戸

【水戸講演会】「アジアの中の日本─日本を取り巻く情勢と在るべき姿」
平成22年度拓殖大学学友会茨城県支部総会講演会
小田村四郎元総長が「アジアの中の日本─日本を取り巻く情勢と在るべき姿」と題して講演

1.日 時:平成22年7月10日(土)午後1時30分〜3時
2.場 所:水戸市三の丸1-4-73 「水戸京成ホテル」2階 瑠璃の間
JR水戸駅 北口 徒歩5分 電話 029-226-3111
3.内 容:講演会 午後1時30分〜3時
講師:元拓殖大学総長 小田村四郎先生
演題:「アジアの中の日本─日本を取り巻く情勢と在るべき姿」
4.参加費:無料
*この講演は拓殖大学学友会茨城県支部総会における講演会を一般に公開するものです。
5.申込み:7月9日(金)までに下記宛いずれかの方法でご連絡下さい。
6.連絡先:郵便でのお申し込みも7月9日必着
FAX:0299-55-0956
E-mail:yasunori.u@usuidenki.co.jp
携 帯:080-5014-3594
郵 便:〒311-3502 茨城県行方市若海929-49(薄井保則宛)
---------------------------------------------------------------------------
平成22年度拓殖大学学友会茨城県支部総会講演会申込書

ご氏名

お電話

ご住所

March 19, 2009

日本人犠牲者にも光を

読売新聞
過日報道した
このたび米国で発見された
日本兵捕虜6千人の死亡者リストを
佐賀県にのNPO「戦没者を慰霊し平和を守る会」がネット公開しています
(記事は追記)

ともすれば
戦時プロパガンダに乗せられて
敗戦国の犠牲者だけに
スポットが当てられる
嘆かわしい時代です

捕虜虐待などその際たるもので
日本軍の残虐行為ばかりが誇張され
伝説化され
その日本軍人がどのような仕打ちにあったかは
ほとんど報じられることも
語られることもないのではないでしょうか

祖国を守るために戦った
英霊たちに
今一度敬意を表することを
私たちは考えるべきでしょう
【怪童】 続きを読む

March 04, 2009

田母神氏次期総選挙出馬を示唆?

General Tamogamiさる3月1日に行われた
田母神俊雄・元航空幕僚長の講演会に
サクラメントからLAまで行ってきました
飛行機でも日帰りはキツかったですが
こんなチャンスは在米日本人にはなかなかないので
(つまらない歌手なんかは来ますが)
期待して参加しました

主催者によれば
サクラメントやサンフランシスコからの参加なんか
まだ近いほうで
ニューヨークやモンタナ州からも参加があったとか

さて、皆さんは
田母神さんのお話を聞かれたことがありますか?
YouTubeで『たかじんのそこまで言って委員会』(大阪・読売テレビ)に
出演されたときのビデオを
探してみてください
まだアップされていると思います

ユーモアのある
話し上手な小柄な紳士

そのビデオを見ていた私は
田母神さんのことを
そのように印象付けられていたのですが
そのままの方でした

前日も名古屋で講演
当日の朝到着されたという田母神氏は
勿論疲れた表情など見せられず
まずジョークで観客の心をつかみ
自分が更迭された経緯について
裏話を交えて話じはじめられました

以下、私のメモを基に
箇条書きで主な発言を列挙します
ただし、歴史に関する内容については
すでに氏が多くのところで話されているし
歴史観には同意しますが
事実関係には疑問に思うところもありますので
割愛します

(尚、当日の様子の詳細は
北米支部会員の内藤氏のレポートで
自由主義史観研究会会報に掲載される予定です)

=====================================
−私は、「日本は素晴らしい国だ」と書いて、政府見解に反するとしてクビになった。政府見解とは「日本はろくでもない国だ」ということだ。
−与野党はいがみ合っているのに、私をクビにするときだけは奇妙に一致した。
−私が参加していた、アパ・グループ社長の「ワインの会」には、民主党の鳩山も出席していた。「長居しなかった」と言い訳しているのは嘘だ。
−統幕学校長時代に訪中をしたが、歴史認識について相手を批判したら防衛省から褒められたのに、今度はクビになった。
−私を首にしておきながら、次期総選挙出馬への誘いがたくさんある。
−自衛隊のOB組織や、駐日大使館には防衛省から、私に喋らせないようにと圧力がかかっている。しかも、圧力ではなく、自主的に断ったと釈明してくれとまで言っている。日本は「ここまできちゃったか」という気持ちだ。
−防衛力は外交交渉のバックには必要だ。日本のように「言うことを聞かなかったら話し合うぞ」というのでは、なめられるばかりだ。
−中川前財務相が、ちょっと核武装論を口にしたら、ライス国務長官が訪日した。核保有国は、核の力を知っているから持たせたくない。「世界は腹黒い」という自覚が必要だ。
−日本が世界になめられはじめたのは、ダッカ事件からではないか。日本は犯罪者を釈放し、追い銭までやったが、同様の事件でドイツは、犯人グループを全員射殺した。その直後に、横田めぐみさんが拉致され、教科書検定問題、総理の靖国参拝中止、藤尾文相の更迭などが続いて起こる。
−公明党は権力維持のための麻薬だ。
−五百旗頭現防衛大学校長は、政府見解に反対していた(イラク派兵、靖国参拝)のに、更迭されていない。
日本は今、強い親父を求めている。

90分間メモも使わず
歴史認識に関しては
中学生でも分かるような内容で
偽南京事件などについて語られていました

質疑応答は
なかなか中身の濃い質問が続き
ここに全てを書ききれないのが残念ですが
(機会やご希望があれば
また公開します)
ひとつだけ、出馬の有無についての質問に対する
田母神氏の答えを書いておきます

仮に当選したとして
自分が何をできるかということを
見極める必要がある
現在のような、講演、執筆活動のほうが
影響力があるとも思う
出ることで日本を変えられるなら
という気持ちもある
まだ出馬については
決心していない


LAに集まった
日本人を喜ばせるための
リップサービスかもしれませんが
田母神氏は
出馬を否定しませんでした

ただ、氏が仰るように
自民党や民主党の陣笠議員になっても
なにもできないでしょう
数合わせに使われるだけです

私が心ひそかに期待するのは
田母神氏が本当の意味での保守政治家を集め
シンボルリックな党首となって
世直し政党を立ち上げることなのですが…

小沢民主党の混乱で
ますます混沌としてきた日本政界
選択肢を失った国民が
独裁政党である共産党、社民党、公明党などを
受け皿だと考える前に
そういう動きがあってほしいです
【怪童】

東條由布子さんの講演があります

東条英機元首相の孫
東条由布子さんの
『家族愛』出版記念講演と交流会
京都で開かれます


東京偽裁判史観の呪縛は
戦前の歴史を全否定するのみならず
日本の伝統文化を大きく損ないました
その最大のもののひとつが
家族のことではないでしょうか

東條英樹元首相のご家族にあった
家族愛を通じて
現代日本を考えてみませんか

詳細は下記の通りです
【怪童】
=====================================
●日時:平成21年3月8日(日)・18:30〜20:00
(開場=18:00、20:30〜ゲストを交えて交流会)
●会場:ひと・まち交流館京都 3F第4会議室
 京都市下京区河原町五条下る東側
 京阪清水五条下車徒歩8分、地下鉄五条駅下車徒歩10分
 電話:075-354-8711
●ゲスト:東條由布子氏(『家族愛』(春日出版)著者、東條英機元首相孫)
●定員:90名(要申込、定員になり次第締切)
●参加費 <サイン入り書籍付>:講演のみ…3,000円/講演+交流会…6,000円
 (学生はそれぞれ2,000円/5,000円)
●申込み/問合せ:久野潤さん(大阪国際大学 講師) kunojun@amethyst.broba.cc
 【メールでのご連絡には、お名前、通勤先または通学先を明記のこと】
●当日連絡:090-2933-8598(久野さん)、090-6876-3385(逸見さん)

 以下、主催者からのコメントです

 戦後、わが国では伝統的な「家族」という枠組みが少しずつ壊れてきました。これは現在の日本人の生活様式の変化も一つの理由ですが、根本にはそれ以前まで大切に受け継がれてきた日本的な価値観が失われてきていることがあります。
一方で、戦後の我々の教育の中では戦前日本そのものが否定されています。不条理にも歴史上否定され、抹殺されようとしている東條英機元首相の孫である東條由布子氏がこの度書かれた『家族愛』――そこには戦前に書かれた日記や手紙などによって、現代忘れられた“家族のきずな”があります。これに触れることによって、「家族」というものを今一度見直すきっかけにしてみませんか。
 講演後はゲストである東條由布子女史も交えての交流会を御用意しております。多彩なメンバーが集まっておりますので、併せて是非ご参加下さいませ。

January 18, 2009

大阪でも田母神俊雄氏の講演があります

関西防衛を支える会創立10周年を記念し
田母神俊雄氏を迎えて
講演会が開かれます
奮ってご参加ください
【怪童】
+++++++++++++++++++++++

関西防衛を支える会新春特別講演会
●日時 平成21年1月24日(土)・14:00〜16:00(受付13:00〜)
●講師 田母神俊雄氏(前自衛隊航空幕僚長・防大15期)
●会場 大阪商工会議所 国際会議ホール
    大阪市中央区本町橋2-8 電話:06-6944-6268
●参加費 1500円
 ※入場券はチケットぴあ、ファミリーマート、サークル、サンクスで販売中
●定員700名
 ※定員を超えた時点でチケットは販売中止となります。
 ※チケットのお問い合せは0570-02-9111+9#(チケットぴあ)
●主催 関西防衛を支える会 電話:06-4302-5187
●協賛 新しい歴史教科書をつくる会大阪、大阪の教育を正す府民の会、河内国民文化研究会、関西戦中派の会、教育再生地方議員百人と市民の会、神州正気の会、新聞アイデンティティ、創造文化研究所、日本世論の会大阪支部、大和心のつどひ、大阪読書研究会、沖縄集団自決冤罪訴訟を支援する会、大阪同盟OB友愛会、日本会議大阪女性の会、大阪府郷友会、団体連絡会(全国ニューシルバーパワーの会、シベリアの会、宇宙一元稔り会)
※当日は、ビデオ撮影・写真撮影・携帯電話の使用・録音等を禁止させていただきます。


January 11, 2009

東京で田母神氏の講演会があります

田母神俊雄・前航空幕僚長の講演会が
東京で行われます

このブログに前項に
LAでの講演会の予告を書いたところ
田母神氏を「文民統制に違背したバカチン」という
幼稚な批判投稿がありました

しかし、田母神氏の論文問題は
文民統制問題にしないと
政府やマスコミは都合が悪かったのです
そうでないと
本当の歴史が議論を通じて見えてしまうからなのです

こういう考えを持った自衛官が多数いることが
諸外国、とりわけ特アに与える影響は計り知れません
そういった意味でも
自由になった田母神氏から
問題の本質を聞けるというのは
非常によい機会だと思います

奮ってご参加ください
【怪童】

+++++++++++++++++++++
●日時 平成21年2月8日(日)18時30分開演(18時15分開場)
●会場  国分寺Lホール
 国分寺市南町3-20-3 国分寺ターミナルビル8F TEL:042-327-1139
●定員 200名(定員になり次第、入場制限)
●講師:田母神俊雄・前航空幕僚長
●演題:「日本は侵略国家であったのか」
●会費:1,000円
●主催:誇りある日本をつくる会 多摩地区総本部
●共催:新しい歴史教科書をつくる会三多摩支部、同東京支部
●お問合せ:誇りある日本をつくる会 多摩地区総本部
  東京都小平市学園西町1-20-21 フジコシビル 2階
  TEL/FAX 042-347-6262
  E-mail:nippon-aikoku@brown.plala.or.jp
  

January 09, 2009

田母神俊雄氏の講演会がロサンゼルスで開催!

読者の皆さん
あけましておめでとうございます

イロイロ忙しくて
気がついたら1ヶ月以上も
更新していませんでした

さて、昨日情報を得たのですが
表題の通り
田母神俊雄・前航空幕僚長が来羅
講演会が開かれます

予定は3月
詳細は後日お知らせできるでしょう
ロサンゼルス日系社会の反応が
一寸楽しみです
邪魔が入らなければいいんですけどね

それでは今年も
日米の情報を
いろいろとリリースしたいと思います
よろしくお願いいたします
【怪童】



November 17, 2008

田母神氏を援護し、村山談話の空洞化を!

田母神俊雄氏の問題は
反日戦力を打倒するための
一つの大きなきっかけになりうる出来事です
以下、参考人招致前のものですが
日本会議首都圏地方議員懇談会メルマガからの引用です
末尾に、各要望先が明記されています
私たちも意思表示をし
日本を呪縛している
売国奴・村山富市や河野洋平の
歴史を歪める「談話」を消滅させましょう
【怪童】
++++++++++++++++++++++++++++++

■「村山談話」を空洞化する歴史論争を!
―麻生総理、浜田防衛大臣に要望を―

 政府は10 月31 日、「日本は侵略国家であったのか」との論文を民間の懸賞論文に投稿した田母神俊雄・航空幕僚長の更迭を決定。さらに野党は、今月11 日(火)には、参議院外交防衛委員会において田母神氏の参考人招致を行い、氏の歴史認識を「ただす」構えを見せています。

1)田母神論文執筆の動機
 田母神論文(添付資料参照)の内容は、識者による東京裁判史観に対する反論・反証の研究成果を踏まえた、至極妥当なものです。
 氏は論文執筆の動機について、「国家国民のためという信念に従って書いた…戦後教育による呪縛が国民の自信を喪失させ、自衛隊の士気を低下させ、国家安全保障体制を損ねている」「日本が21 世紀に国家として発展していくためには自虐史観から解放されないと、日本が自主的な判断で政策がやりにくいと思った」と述べています。
 特に東京裁判史観からくる、日本の軍は強くなると必ず暴走し他国を侵略する、という思考によって、自衛隊は領域警備もできない、集団的自衛権も行使できない、などの様々な拘束を受け、東京裁判史観が我が国の安全保障を損ねているとの高級自衛官の悲痛な叫びこそ政府は深く受けとめるべきです。

2)「村山談話」を空洞化する活発な歴史論争を
 浜田防衛相は、田母神氏の論文が平成7年の「村山談話」を引き継いだ政府見解と異なることを理由に、何の弁明の機会も与えぬまま田母神氏を更迭。村山談話の根深さが改めて浮き彫りとなりました。
 これまでも過去の歴史認識をめぐり閣僚らが更迭される事例は何件も起こっていますが、今回は閣僚ではない自衛隊の高級幹部の発言ということで、国会の成り行きによっては、東京裁判史観の一層の固定化、自衛隊のイメージの低下にもつながりかねません。
 田母神氏は、「私の解任で自衛官の発言が困難になったり議論が収縮したりするのではなく、歴史認識と国家・国防のあり方について率直で活発な議論が巻き起こることを願う」とも述べています。

 戦後63 年が経ち、支那事変、日米戦争を誘因したコミンテルンの策動なども指摘されるようになった今日、今回の問題を、平成7年以来政府見解とされ、一切の検証・見直しがなされないまま踏襲されている「村山談話」を空洞化するような歴史論争を起こす契機とし、11 日の国会を前に、田母神論文を断固支持し、「村山談話」に拘束される政府に対する抗議・要望の声を届けましょう

●要望先
)秬 太郎(衆議院事務所)
  〒100−8981 東京都千代田区永田町2−2−1衆議院第一議員会館210号
  FAX 03−3501−7528 TEL 03−3508−7703

⊆鸛蟯嬰 覆完娶募集)
  メールはこちらから

I妖 靖一(衆議院議員事務所)
  〒100−8981 東京都千代田区永田町2−1−2衆議院第二議員会館220号
  FAX 03−3508−7644 TEL 03−3508−7020

に姫匸福自衛隊(ご意見箱)
  メールはこちらから
  〒162−8801 東京都新宿区市谷本村町5−1
  TEL 03−5366−3111

ゼ民党本部(麻生総理宛 ご意見箱)
  メールはこちらから
  〒100−8910 東京都千代田区永田町1−11−23 自由民主党本部
  FAX 03−5511−8855 TEL 03−3581−6211

【要望文の例】

○田母神論文の内容は、歴史研究の成果を踏まえた傾聴に値する内容です。麻生内閣に対する期待が大きかっただけに、今回の政府の対応には、心ある多くの保守の人々が落胆しております。
○田母神前幕僚長の更迭での幕引きは、物事の本質を隠蔽するものであり、政府見解とする「村山談話」こそ見直すべきです。「村山談話」は社会党出身の一首相の見解にすぎません。
○歴史の真実を踏まえ、責任政党の立場に立った「首相談話」に切り替えるべきです。
○公務員にも「表現の自由」(「日本国憲法」第二十一条)は保障されており、政府の歴史認識と異なる意見を公言したという理由だけで公職を追放されるような国は、まさに全体主義国家です。


November 02, 2008

おじいちゃんの戦いを忘れるな

旧竹田宮家の竹田恒泰氏を迎えて
大東亜戦争顕彰講演会が行われます

大東亜戦争はなぜおきたのだろう?
おじいちゃんたちは何のために、誰のために戦ったのでしょう?
忘れてはならない
おじいちゃんたちの遺言(ことば)を伝えます

奮ってご参加ください
【怪童】
++++++++++++++++++++++++++++++++++++
大東亜戦争顕彰講演会
■日時:平成20年12月7日(日)・13:00(受付)、13:30(開会)
■会場:國民會館・武藤記念ホール
地下鉄谷町線天満橋駅出口より徒歩3分、京阪天満橋駅より徒歩5分
■講師:竹田恒泰
■演題:「皇室の弥栄−大東亜戦争の真実−」
■参加費:1,000円
■講師略歴(ウィキペディアより):旧皇族竹田宮恒徳王の孫。恒徳王第三子、日本オリンピック委員会会長竹田恒和の長男。祖父 恒徳王は竹田宮恒久王と明治天皇の第六皇女 恒久王妃昌子内親王夫妻より生まれていることから、恒泰は明治天皇の玄孫にあたる。慶應義塾大学卒業後、現在は環境学と日本史、特に皇室、孝明天皇を中心に研究している。

October 30, 2008

シベリア抑留を忘れるな

将来の日本を背負って立つ
真の日本人を育んでいることで有名な
大阪市淀川区の塚本幼稚園において
シベリア抑留の被害者のお話を聞く
講演会が開かれます

日本人は
偽南京事件や
偽慰安婦強制連行など
日本人が着せられた無実の罪に
贖罪意識を植え付けられたためか
自分たちが被った
戦争被害になぜか口をつぐみ
それを無視しています

何度も繰り返しますが
反日は日本人への人種差別です
そして
日本人が日本人の被害者を無視することも
日本人による日本人への差別であり
祖先や先達に対する冒涜行為です

シベリアで何があったのか
私たちは被害者の告白に
耳を傾けるべきでしょう
【怪童】
++++++++++++++++++++++++++++++++
学校法人塚本幼稚園幼児教育学園 講演会
●日時 11月8日(土)・10時30分〜12時30分
●会場 塚本幼稚園幼児教育学園3偕講堂
 〒532-0026 大阪市淀川区塚本1丁目6−25¥ 
 JR塚本駅徒歩5分、阪急十三駅徒歩15分 
 TEL:06-6301-2166/2176
 FAX:06-6301-2108
●講師 蜂谷弥三郎氏
 大東亜戦争戦争によって運命の変転を余儀なくされ、無実の罪でシベリヤに抑留された一民間人・蜂谷弥三郎さんは大正7年生まれ。今年で90歳になられます。収容所で知り合ったロシア人女性クラウディアさんと結婚、ロシアで過ごした50年の日々から、ロシヤとは何かを語っていただきます。

May 27, 2008

日本にもメモリアル・デーを!

今日、5月26日は5月の最終月曜
アメリカの祭日「メモリアル・デー」です
日本語では「戦没将兵追悼記念日」と訳されます

第二次世界大戦
朝鮮動乱
ヴェトナム戦争のみならず
イラク、アフガニスタンで
国家のために殉じた将兵を追悼するため
各地で催しが開かれ
大統領はもちろんのこと
今年は、大統領候補も
(勿論それぞれの思惑があってのことですが)
記念式典に出席し
感謝の意を表しています

テレビでは
コマーシャルの合間に
最近戦死した将兵の写真が放映され
家族が英霊を偲んで
コメントをするという場面が
よく見受けられます

翻って日本では
英霊を追悼する行為が
平和を希求する行為であるにもかかわらず
それをあたかも戦争賛美であるかのような
歪んだ捉え方をする向きが多いです

アメリカでも何が何でも反戦
という類の人は多いです
しかし、この日には
そういう人も
国家のために戦って命を落とした人に
敬意を表するのが普通です

それは人間として当然の行為でしょう

日本にもメモリアル・デーを
作らねばなりません
英霊の思い出を
彼らの勇気ある行動とともに
家族に語ってもらうこと
そこにはイデオロギーの制約など
あるはずがないのです

チャンネル桜で
そういうことができないでしょうかねぇ

メモリアル・デーが定着すれば
英霊が祀られている
靖国を訪ねることが
人間として当然の行為であることが
少しずつ浸透する気がするのですが
如何でしょうか

アメリカは、住んでみてわかりますが
変な国です
でも、こういったところは
本当にうらやましいと思います


March 18, 2008

『南京の真実』上映会のお知らせ(各地)

前回のお知らせと重複するものもありますが
まとめて映画『南京の真実』第一部
「七人の死刑囚」上映会のご案内です
詳細及び最新情報は
公式サイトをご覧ください
【怪童】
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
映画「南京の真実」第一部「七人の死刑囚」上映会
東京都杉並区
平成20年3月16日(日)・11:00/14:50(2回上映、入れ替えなし)
第1回目と2回目の間に、水島総監督の短い解説があります。
セシオン杉並・視聴覚室
地下鉄丸の内線東高円寺駅徒歩5分
03-5938-6839(和田)

愛媛県松山市
平成20年3月22日(土)・12:30開場/13時30分上映
水島総監督の舞台挨拶を予定しています。
松山市総合コミュニティセンター3F大会議室

京都市
平成20年3月23日(日)・18時00分/18時30分開会
水島総監督、中西輝政氏、石平氏、北村稔氏の登壇を予定しています。
京都府立総合社会福祉会館 ハートピア京都
 京都府京都市中京区竹屋町通烏丸東入る清水町375番地

福島県猪苗代町
平成20年3月29日(土)&30日(日)・時間未定
猪苗代地区コミュニティセンターふれあい館
 福島県耶麻郡猪苗代町新町10番地


靖国神社
平成20年4月1日(火)〜30日(水)・10:00/13:30
靖国神社游就館
入館料として800円

東京都文京区
平成20年4月11日(金)・18:30(予定)
文京シビックホール・小ホール
 東京都文京区春日1-16-21
東京メトロ丸ノ内線・南北線後楽園駅 徒歩3分
 都営地下鉄三田線、大江戸線春日駅 徒歩3分
 JR中央・総武線水道橋駅 徒歩8分
会場にて製作支援金として千円以上のご芳志を賜れますと幸いです。
要電話予約
03-3814-0938(池田)

山口県宇部市
平成20年4月19日(土)・時間未定
水島総監督の挨拶を予定しています。
松月院本堂
 宇部市山門1−4−40
無料

栃木県宇都宮市
平成20年5月11日(日)・13時00分受付/14時00分上映
水島総監督の挨拶を予定しています。
栃木県護国神社 護国会館
 宇都宮市陽西町1-37

奈良市
平成20年5月31日(土)・時間未定
水島総監督の挨拶を予定しています。
なら100年会館 大ホール
 奈良市三条宮前町7−1

静岡市
平成20年6月14日(土)・12:30会場/13:00開会/13:30上映
水島総監督の挨拶を予定しています。
静岡市民文化会館 中ホール
 静岡市葵区駿府町2-90

静岡県浜松市
平成20年6月28日(土)・18:00会場/18:30開会
水島総監督の挨拶を予定しています。
浜松市天竜区二俣町二俣20−2

January 31, 2008

「英霊来世」続報

過日ご紹介した
英霊来世(エイレーライズ)の
マイスペース内のページが
こちらにありますので
ご参考まで

彼らが紹介されたテレビ番組も
ここで見ることができます

CDの売り上げの一部は
靖国神社に奉納されるとのこと

こういったアーティストが
もっともっと大きく羽ばたけるように
応援していきたいものです
【怪童】

January 23, 2008

映画『明日への遺言』割引鑑賞券のご案内

映画『明日(あした)への遺言』
3月1日から松竹・東急系でロードショーされます
(映画の広報資料は追記しています)

この映画を配給するアスミック・エースから
特別鑑賞券が提供されるという情報が入りました
同社からの情報は下記の通りです

誇りと自信を失っている
全ての日本人に見てもらいたい作品ですね
【怪童】
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3月1日公開作品「明日への遺言」 
 さて弊社では、2008年3月1日より松竹・東急系全国劇場にて、「明日への遺言」を公開いたします。日ごろお世話になっている皆様方にもご協力いただきたく、本作品の特別販売促進鑑賞券"愛と感動のチケット"(額面1,000円)を下記の通り、作成いたしました。
 本チケットは、公開劇場やプレイガイドなどで扱っている全国共通特別鑑賞券(額面1,300円)とは異なり、販売促進にご協力いただく皆様に向けて、特別にご用意したものです。
 「明日への遺言」をより多くの方々にご覧いただくために、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
アスミック・エース エンタテインメント株式会社
映画配給事業グループ 常務執行役員 磯野 進

1.券種・特別価格について 
「明日への遺言」"愛と感動のチケット"特別販売促進鑑賞券(全国共通):特別価格1,000円(税込)
*チケットの額面は1,000円(税込)ですが、ご精算は900円(税込)とさせていただきます。
*額面と精算金額の差額100円は、販売にご協力いただいた方への手数料としてお納めください。

2.注文方法
下記の事項をご記入の上、ファックスまたはメールにてご注文ください。
折り返し宅急便にて、チケットと請求書をお送り致します。 
※メールでご注文の場合は、件名に【明日への遺言"愛と感動のチケット"】と入力ください。

 締切:2008年2月29日
その他お問い合わせがございましたら、アスミック・エース担当 大澤 までお願いいたします。

アスミック・エース エンタティメント
〒530-0003 大阪市北区堂島2−2−2 近鉄堂島ビル17F
TEL 06-6344-0902 FAX 06-6344-0905続きを読む

January 22, 2008

つくる会東京支部がパネル展と講演会を実施

1月31日から2月2日の3日間
新しい教科書をつくる会東京支部が
『偽装大国日本』と銘打ったパネル展を開催します

『食品偽装』『教育偽装』『歴史偽装』について
徹底的に「偽」を暴き
「真」なるものを提示します

2月2日にはとして西尾幹二元会長先生による講演会
「『GHQ焚書図書の開封』刊行をめぐって」が
行われます

奮ってご参加ください
投票してください!



December 06, 2007

旧日本軍による化学兵器遺棄もでっちあげ?

11月30日付の産経
防衛研究所で旧日本軍が中国で化学兵器を遺棄したということを
覆す文書が見つかったと報じています
(記事は追記)

外務省が中共政府の言われるがままに
その処理費用を負担してきたわけですが
それにもピリオドをうたねばいけません

ゆすりたかりを業とする
吸血国家・中国の横暴を
早く止めないと
日本はしなびてしまいますよ
そうなりかけている気がするけど…
【怪童】続きを読む

November 25, 2007

You Tubeで「敵兵を救助せよ」が観られます

以前ご紹介した
アンビリバボーで紹介された
「敵兵を救助せよ」の再現ドラマが
こちらでご覧になれます
ぜひアクセスしてください
世界で一番国際法を守った軍隊である
日本軍を知ることができます
【怪童】


November 03, 2007

アカの巣窟、早稲田に光る保守研究会

3日、4日と
早稲田祭なのですが
早稲田大学唯一の保守系学術サークルによる
特別展示企画が催されています
まぁ、大抵の大学は
教官が浮世離れしたアカが多く
その影響で赤く染まっているわけですが
(これはアメリカも同じです)
その中でこういう展示が
行われていることは重要です

++++++++++++++++++++++
昭和の日本は民族の誇りをかけて闘い抜いてきました。先人たちに想いを馳せ
るべく、昭和を満州事変から大東亜戦争そして東京裁判までの激動の時代に焦点
をあて、パネル展示で振り返ります。また、外圧によって捻じ曲げられようとし
ている歴史的事件の真実を明らかにします。

 早稲田大学唯一の保守系学術サークルによる、特別展示企画です。


 いよいよ明日展示発表です。現在も着々と準備が進んでおります。展示発表は
10時から17時まで行いますので、皆様お誘い合わせの上、是非ご来場下さい!


●展示内容

・満州事変
・昭和維新
・昭和の外交政策
・治安維持法と共産党
・支那事変
・大東亜戦争
・東京裁判
・B.C級戦犯裁判
・南京大虐殺はウソだ
・沖縄集団自決軍命令の嘘
・従軍慰安婦「強制連行」はなかった
・靖国神社の真実
ほか

日時:11月3・4日(祝・日)
両日とも10時〜17時

場所:早稲田大学西早稲田キャンパス1号館405号室
(早稲田大学正門を入って、すぐ右の校舎。大隈講堂の向かいです。)

主催:早稲田保守研究会

交通アクセス:早稲田大学西早稲田キャンパスまで
・地下鉄
東西線早稲田駅下車徒歩5分

・都バス
高田馬場駅より都バス早大正門行乗車、終点早大正門バス停下車、徒歩0分
・都電
都電早稲田駅より徒歩5分

早稲田祭公式ウェブサイトお問い合わせはgut0345@yahoo.co.jp(漆原)までお願いします
++++++++++++++++++++++++++++
あと1日あります
東京近辺の方は
応援に行ってください
【怪童】

October 20, 2007

特攻隊の真実を伝える

9.11や自爆テロの無法者を
特攻隊と同一視する
アメリカのメディアの無知さには
いまさら驚きはしませんが
せめて日本人は
彼らが、「天皇陛下万歳」だけではなく
父母、そして幼い兄弟や
今後の日本を思って
自らを犠牲にしたこと
そして、靖国神社で家族に会えると信じて
散華していったことを
知っておかねばならないと思います

些か旧聞に属しますが
特攻隊員の母、鳥浜トメさんの
顕彰碑の除幕の記事と
台湾で見た特攻隊員の思い出の記事を
それぞれ『産経』と『台湾の声』から
追記します
ちょっと時期はずれですが…

英霊となった彼らによって
今の日本の繁栄があることを
日本人なら誰一人忘れてはいけないし
そんな彼らがいる靖国神社を
いかなる形でも冒涜することを
許してはならないのです
【怪童】続きを読む

September 20, 2007

老人ボケもいい加減にしろ!

出張で更新できない間に
読者が減っていました_| ̄|○
気を落とさずに書いていきましょう

シベリアに抑留されていた
元日本軍兵士が60年ぶりに再会したという産経の記事
(追記しています)

ここには先ず
ひとつの重要な情報があります

再会したのは
韓国籍と日本国籍の二人ですが
韓国人が軍曹
そして日本人は二等兵

どうです
朝鮮人の上官は存在するんですよ
反日日本人には
想像もつかないことでしょう

シベリアで国際法違反の
強制連行と強制労働に従事し
九死に一生を得た二人の再会は
美談…と言いたいところですが

「日本人の抑留経験者によるカンパ約30万円を渡し、
日本政府による補償を求め共闘していくことを確認した」
というボケボケ加減

何でロシア政府にではないんですか?
シベリア抑留は
日本政府が行ったものではないんですが…

ボケ老人が反日を助長しているのでは
歴史の正しい姿は
誰にもわからなくなってしまいます
嗚呼
【怪童】


続きを読む

August 15, 2007

大阪で「もうひとつの戦争展」が開かれます

新しい歴史教科書をつくる会大阪府支部、日本会議大阪共催の
パネル展「もうひとつの戦争展」が開かれます

歪んだ教科書で教えられた歴史とは
全く違った歴史がそこにはあります

8月20日(月)〜22日(水) 10時〜17時
※最終日22日(水)は午前中のみ
エル・おおさか(大阪府立労働センター)
大阪市中央区北浜東3-14
京阪・地下鉄谷町線天満橋駅西へ300m/京阪・地下鉄堺筋線北浜駅東へ500m

入場は無料です
【怪童】


July 24, 2007

『敵兵を救助せよ』のDVDがあります

恵隆之介さんが書かれた
『敵兵を救助せよ!』(草思社)のエピソードが
4月19日に「戦場のラストサムライ」という題で
フジテレビ系の『奇跡体験! アンビリーバボー』の
再現ドラマになっていたことをご存知ですか?

撮影に海上自衛隊も協力したという話です
勿論ものすごく良い内容です

日本の誇り高き武士道が
帝国海軍に脈々と受け継がれていた事実…

病院船を攻撃した
連合国とはエライ違いです

映画『パールハーバー』では
日本軍が病院を攻撃するシーンがあって
歴史を知る人からは
憤慨と嘲笑を買いましたが
日本が開国以来
万国公法(国際法)を重視してきたことは
火を見るよりも明らかなのです

国際法を守ったからこそ
それを守らない中国とは
戦争になったのです
英米は商売の為に
彼らにおもねって妥協し
日本が守った国際法を
守らなかったのです
勿論ソ連には
国際法という単語は存在しませんでした

あ、話がそれましたが
この番組を録画したDVDを
恵さんご本人から送っていただきました

コピーしてばら撒きたいのですが
YouTubeでは30分もアップできないですよね?
DVDそのものをアメリカから送ると
送料がかかるので
日本在住のどなたかに原本のコピーをお渡しして
そこから普及させたいのですが
ご協力いただけませんか?
ご連絡ください

他に何か方法があったら
是非ご教示ください
【怪童】


ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)