靖国神社

July 25, 2011

08/08/11・英霊にこたえる会街頭広報活動へのご協力のお願い・大阪

 英霊にこたえる会大阪府本部から英霊顕彰運動の一環として、街頭広報活動について協力のお願いがありました。日本会議大阪がお手伝い頂ける箇所は次のようになっております。暑い中ですが、ご協力頂ける方は、8月4日(木)までに丸山さん090-2598-6497までご一報下さい。
・日 時  8月8日(月)午前10時〜12時
・場 所  難波高島屋前
・配布資料 パンフレット・絆創膏・戦没者追悼祈念講演会の案内チラシ

July 24, 2011

英霊顕彰の新聞広告(読売新聞本社版朝刊)が8月1日(予定)に掲載されます!

4月以来、近畿の各府県の護国神社、英霊にこたえる会、日本会議にご協賛をお願いした英霊顕彰の新聞広告が、8月1日(月)[予定]で読売新聞大阪本社版朝刊で掲載されます。是非、ご注目下さい。
(日本会議大阪より)

08/17-08/18/11・『編⊃声辧抻嫁劼函惺餡餤鳥堂』見学・大阪発

 昨年度に引き続いて、日本会議大阪の主要活動の一つである『編⊃声辧抻嫁 を『国会議事堂』見学と合わせて下記の1泊2日で企画致しました。
 早いご案内かもしれませんが、ご都合を調整して戴くためにご案内いたしました。
 多くの皆様にご参加頂きたく、お誘い合わせの上、ご参加下さいますようご案 内致します。
 まだ人数に余裕がありますので、是非、ご参加下さい。
          記
●日 時 8月17日(水) 伊丹空港  8:20 集合
   18日(木)  〃  18:05 到着
●参加費 45,000円
【8/17(水)】
伊丹(飛行機)[9:00]→羽田→明治神宮(正式参拝)→都内(昼食)→国会議事堂(見学)→浅草(見学・買物)→都内(夕食)→水月ホテル外荘(宿泊・JR上野駅近く)
【8/18(木)】
ホテル→編⊃声辧幣催損嫁辧泡遊就館(見学)→築地場外市場(昼食・ 買物)→羽田(飛行機)→伊丹[18:05]
◎一部コース変更の場合はご了承下さい。
◎ご参加ご希望の方は、7月末日までにご一報下さい。会員の皆様には改めて案 内状を送付致します。
※ご参加の方のみ、後日、詳細をお知らせ致します。
[主催]日本会議大阪
  大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号 大阪府神社庁内
   TEL 06-6245-5741/FAX 06-6243-1682(担当 丸山)
[共催]神道政治連盟大阪府本部

July 14, 2011

古い書棚から〜怪童の私的書評004

橋川文三著、筒井清忠編・解説『昭和ナショナリズムの諸相』、名古屋大学出版会、1994年

 近代日本思想史を、これほどコンパクトに、総花的に解説したものは、これまで読んだことがなかった。近現代史の歴史書の中でも、テロリストや思想家の内奥まで切り込んで書いたものは、筆者の少ない読書体験の中では皆無だったと思う。特に、単なる暴力事件として無視されがちな、昭和初期のテロと、その後の国家主義の関係の解明を試みるスタンスは、筆者の公民科研究に通じるところがあり、非常に興味深く読んだ。
 しかし、丸山批判を行いながら、なぜ「日本ファシズム」という擁護に拘っているのかについては、この本を読む限りでは回答は見出せない。それよりむしろ、本書中に登場する竹山道雄の「ファシズム」定義が的を射ていると思われる。
 1930年代に激化した、支那のナショナリズムには言及しても、理不尽な反日や、9カ国条約違反(日本がこれを墨守し、逆に中国や他の締約国がこれを無視した)への言及、国際共産主義の侵略的要素などとの関連が指摘されないことに、物足りなさを感じる。日本思想は日本の中で醸成されたものでないことは、橋川が北一輝における、中国ナショナリズム運動の影響を指摘していることでも明らかであるにもかかわらずである。
 偽書であることが明らかな、「田中メモランダム」を自明のものとし、偽南京事件を一方的な資料で肯定するなど、時代の限界を感じるのは致し方ない。また、本書が編者である筒井の言うように、端川論文の寄せ集めであり、超国家主義を橋川自身が体系的にまとめたものではないので、後年にそれを浅学の者が批判するのはお門違いなのかもしれないが、筆者が橋川のアプローチに関心を示しながらも、赤線を1本も引かないままに読了したことが、筆者の本書に対する期待の大きさに対して、回答が中途半端だったことを表している。
 橋川が体系的な超国家主義論を世に出さないまま、若くして没したことを筆者は心から惜しむものである。
※このシリーズは、最近読んだり、読み返したりした本の個人的な感想です。

July 11, 2011

07/13/-07/16/11・みたままつり・靖国神社

 7月13日水曜日から7月16日土曜日までの四日間、東京都千代田区九段の靖國神社でみたままつりが行われます。
 毎日午後6時から祭儀が執り行われます。
 通常は、神門が夜の7時に閉められますが、みたままつりの四日間は午後9時30分まで延長されます。

≪ 主な催し ≫
7月13日(水) 正午       江戸芸かっぽれ
          午後6時40分 千修吹奏楽団吹奏楽パレード
          午後7時     日本歌手協会有志奉納特別公演
7月14日(木) 午後7時     つのだ☆ひろ 奉納特別野外コンサート
7月15日(金) 午後5時     江戸芸かっぽれ
          午後6時30分 神輿振り(芝濱睦会)
          午後7時     青森ねぶた
7月16日(土) 午後3時     神輿振り(こどもみこし・山車、麹町靖国講)
※日程・時間等は、諸事情により変更することがあります

また、外苑大村益次郎公像の下では、毎日午後6時30分から盆踊り大会が執り行われます。外苑には、露店が並び、お化け屋敷も設営されます。境内を大小の提灯やぼんぼりが献灯され、夜の祭典を明るく照らします。




08/15/11・平成23年度 戦没者追悼祈念講演会・大阪

平成23年度 戦没者追悼祈念講演会
●日 時 8月15日(月)午後2時〜4時半(開場 1時半)
     ※正午から大阪護國神社本殿にて英霊感謝祭を斎行しますので、ご参列の方は11時50分までにご集合下さい。
●場 所 住之江会館ホール TEL 06-6681-3401
      大市住之江区南加賀屋1-1-95大阪護國神社境内 奥の建物
      地下鉄・四ツ橋線「住之江公園」駅下車“崕亳から徒歩すぐ
      ※お車のご利用はなるべくご遠慮下さい。
●日本の歌 歌唱 (2時半〜2時50分)
     大峰 かず子 氏 (ソプラノ歌手)
【略歴】宮崎生まれ。大阪音楽大学声学科卒業。神戸オペラ協会公演「天国と地獄」でオペラデビュー。学校・地域・福祉施設でのコンサートでも活躍中。
●記念講演(3時〜4時20分)
 演題『この国を守るもの−英霊と自衛隊の人々』
 講師 桜 林 美 佐  氏 (ジャーナリスト)
【略歴】昭和45年、東京生まれ。日本大学芸術学部卒。フリーアナウンサー、ディレクターとしてテレビ番組を制作した後、ジャーナリストに。著書に『奇跡の船「宗谷」−昭和を走り続けた海の守り神』『海をひらく−知られざる掃海部隊』『終わらないラブレター−祖父母たちが語る「もうひとつの戦争体験」』『誰も語らなかった防衛産業』。この他、国防問題などを中心に取材・執筆。
※入場無料
●主 催 英霊にこたえる会大阪府本部 TEL 06-6681-3401 FAX 06-6683-7397
      〒559-0015 大阪市住之江区南加賀屋1-1-95 住之江会館内
     日 本 会 議 大 阪 TEL 06-6245-5741 FAX 06-6243-1682
      〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号 大阪府神社庁内
     (担当 丸山)

February 10, 2011

2月11日・紀元節奉祝​式典と記念講演・京都

日時:平成23年2月11日(祝)
14時 奉祝式典
14時30分 記念講演
金子宗徳(里見日本文化学研究所主任研究員)
「神武建国と平成維新」
16時 終了予定
協力費:1000円(主催者まで事前に申し込みを頂けると幸ひです)
会場:京都府神社庁講堂(松尾大社境内)
http://www.kyoto-jinjacho.or.jp/access.html
主催:日本会議・京都
京都市西京区嵐山朝月町68-8 京都府神社会館内
TEL 075-863-6677

November 20, 2010

12月8日・「大東亜戦争」開戦日 靖国神社に眠る御霊に感謝と、あらたな誓いを 狼藉者は入れない 靖国の安寧は絶対護る 国民大集会?・東京

「大東亜戦争」開戦日 靖国神社に眠る御霊に感謝と、あらたな誓いを
狼藉者は入れない 靖国の安寧は絶対護る 国民大集会?

○日時 平成22年12月8日(水)午後6時30分〜8時半頃(6時開場)
○会場 文京区民センター

皆様もご存知のように、台湾の立法議員、高金素梅一行が去年の8月11日、突如?國神社に現れ、賽銭箱をまたぎ土足で拝殿に入るなど、狼藉三昧を行いました。そこで私たちは彼女達を刑法188条(礼拝所不敬罪)で麹町署に刑事告訴・告発し、また本年4月4日には文京区民センターで「高金素梅に二度と日本の土は踏ませない国民集会」と題し集会を行い多数の方に声を上げていただきました。ところが彼女たちはそれにもめげず、8月14日、社会文化会館ホール(永田町)で行われる「平和の灯を!! ヤスクニの闇へ」と題した身の毛もよだつような集会に参加するため再来日するというのです。私たちは急遽8月1日、再度文京区民センターに結集し「輩は来るな〜〜!」と全員でこぶしを突き上げました。その甲斐あって彼女たちは来ませんでした。我々の頑張りが多少とも貢献できたのではと自負しております。しかし来年、夏が近づけばまた必ずこの問題(高金来日)が浮上すると思います。相手は虎視眈々と我々がこの戦いに飽きるのを待っているのです。ことが悪化してからあたふたするのではなく、常日頃から「靖国には真を捧げる大勢の国民がいる。狼藉者に対してはいつ何時でも必ず闘う用意がある。」このことを絶えずアピールしておかなければならないとおもいます。

12月8日、記念すべき日に皆さんに再度ご参集して頂き、靖国に眠る御霊に感謝の真を捧げ、「靖国の安寧」を護る思いを誓い合い、輩に対する正義の牙を常に磨きあっていたいと思います。ご参集ください。

呼びかけ人(ご登壇お願い中)  
○湯澤貞(?國神社第八代宮司)
○中條高徳(英霊にこたえる会会長)
○叡南覚範(住職)
○小田村四郎(李登輝友の会会長)
○酒井信彦(元東京大学教授)
○小林幸子(二宮報徳会会長)
○板垣 正(元参議院議員)
○徳永信一(高金素梅刑事告訴・告発代理人)
○東條由布子
○山田恵久(国民新聞社主幹)
○栗原宏文(元愛媛大教授)
○藤井巌喜(国際政治学者)
○三輪和雄(日本世論の会代表)
○村田春樹(外国人参政権に反対する会・東京代表)
○小山和伸(神奈川大教授)
○石戸谷慎吉(英霊奉賛日台交流会)
○門脇朝秀(あけぼの会会長)
○三宅教雄(台南会会長)
○藤田裕行(東京教育研究会代表幹事)
○渡辺真(つくる会理事)
○梶谷萬里子(県土・竹島を守る会)
○古賀俊昭(東京都議会議員;第1次告訴告発人)
○土屋敬之(東京都議会議員)
○宍倉清蔵(千葉市議会議員)
○山本閉留巳(港区議会議員)
○小坂英二(荒川区議会議員)
○大西宣也(町田市議会議員)
○犬伏秀一(大田区議会議員)
○大和田知裕(前日立市議)

主催 「靖国の御霊に感謝し、安寧を護る」国民大集会?実行委員会
(※集会名より「高金素梅」を消去しました)
代表幹事 永田壮一 (?國會事務局次長)      
副幹事 小川慎太郎(靖国の御霊に感謝する会代表)
松谷祐子(打倒民主桜組副代表)
事務局 〒102-0093 東京都千代田区平河町2-4-7清瀬会館7階 ?國會内
090-3105-2030(沼山光洋)
090-3710-4815(増木重夫;事務連絡等担当)

November 05, 2010

12月5日・第6回台湾出身戦歿者慰霊祭・靖国神社

第6回台湾出身戦歿者慰霊祭のご案内

皆様にはご高承のように、大東亜戦争には約20万人の台湾出身者が軍人・軍属と
して出征し、30,304人がその尊い命を日本国に捧げられました。現在、?國神社
にはその内の27,864人の方々がご祭神としてお祀りされ、朝に夕に神饌を供え、
一日も欠かすことなく慰霊の誠が捧げられております。

?國神社では戦友会やご遺族による慰霊祭を随時斎行しておりますが、台湾出身
者を対象とした慰霊祭は行われていなかったことから、李登輝学校研修団として
李登輝先生の謦咳に接し、その薫陶を受けた私ども李登輝学校日本校友会が中心
となり、5年前の平成17(2005)年12月に初めて「台湾出身戦歿者慰霊祭」を斎行
いたしました。

つきましては、本年も引き続き台湾出身戦歿者のご祭神に報恩感謝の誠を捧げる
「台湾出身戦歿者慰霊祭」を斎行いたしたく、ここに謹んでご案内申し上げます


年末師走でご多忙のこととは思いますが、下記の次第で執り行いますので、皆様
お誘いあわせの上ご参列くださいますようお願い申し上げます。

平成22年10月吉日

李登輝学校日本校友会 理事長 片木 裕一



【日時】 
平成22年(2010年)12月5日(日) 午後2時30分 
?國神社・参集殿に集合
【会場】 ?國神社本殿 午後2時45分 昇殿参拝・慰霊祭
東京都千代田区九段北3-1-1 (TEL 03-3261-8326)
【交通】
JR中央線・総武線 市ヶ谷駅、飯田橋駅(東口) 徒歩13分
地下鉄半蔵門線・東西線・都営新宿線 九段下駅(出口1) 徒歩8分
都営新宿線 市ヶ谷駅(A4出口) 徒歩10分
有楽町線・南北線 市ヶ谷駅(出口1=A-1)徒歩10分
【懇親会】 ?國会館 2階 田安の間 午後3時15分〜4時30分
【参加費】 4,000円(玉串料を含む。慰霊祭のみ参列の場合は1,000円)
【お申込】 お申し込みフォーム、メール、FAXにて
お申し込みフォーム:http://www.ritouki.jp/cgi-bin/enquete/form0077.reg
E-mail:info@ritouki.jp
FAX:03-3868-2101
主 催:李登輝学校日本校友会
〒113-0033 東京都文京区本郷2-36-9西ビル2-A 日本李登輝友の会内
TEL:03-3868-2111 FAX:03-3868-2101 E-mail:info@ritouki.jp
-----------------------------------------------------------------
第6回台湾出身戦歿者慰霊祭 参列申込書(いずれかに○をつけてお送り下さい

慰霊祭(ご参列・ご欠席)  
懇親会(ご出席・ご欠席)  
会員・一般
お名前 
電話  

October 31, 2010

11月3日・桃山御陵参拝団・京都

第19回桃山御陵参拝団
日時:平成22年11月3日(水・祝)10時30分集合
集合場所:桃山御陵入口(京都市伏見区)
参拝順路:集合・参進→明治天皇御陵・昭憲皇太后御陵参拝
→御陵石段下で記念撮影→臨場講話→解散
講師:金子宗徳(里見日本文化学研究所主任研究員)
演題:「明治維新を振り返る」
参加費:無料
主催:第19回桃山御陵参拝団
〒577-0066 大阪府東大阪市高井田本通3-3-22 天業館気付
TEL 06-6781-6842 FAX 06-6781-8825

September 19, 2010

9月23日・東條由布子出版記念サロン・東京

東條由布子出版記念サロン
「あの頃、日本人は凛として死を受け入れた」

日時: 平成22年9月23日(木祝)18:00〜21:00

会場: 株式会社ライフストラテジー事務所
(都営地下鉄浅草線「高輪台」駅A1出口すぐ)

ゲスト: 東條由布子(東條英機元首相の孫、NPO法人環境保全機構理事長)

参加費: 社会人5000/学生3000円
(東條由布子氏の著書『東條英機の中の仏教と神道』付)

お申込み・お問合せ: heiwa_wakamono@yahoo.co.jp、
080-3490-9539

August 31, 2010

保守とか、革新とかである前に、日本人たれ!

旧聞に属しますが
自民党の三原じゅん子議員が終戦記念日に
靖国神社を参拝しました

売国内閣の閣僚が誰も参拝しないという
異常事態の中
数合わせの「タレント議員」の1人としか思われていなかった
この1年生議員は
8月26日の日本外国特派員協会での記者会見で

「私は日本の為に戦って命を捧げられた方々に頭を下げるのは当然のこと。この姿勢を変えるつもりはありません。」と言ったそうです
また、日本の文化伝統について、「変える」よりも「守る」ことが大切であるとも訴えたとのこと

今まで、こんな当たり前のことを
どんな保守議員も述べられなかった
それを彼女が口にしたことで
タブーが解禁されたることを願いたいものです

筆者も、三原氏のことを
子宮頸がんワクチンの副作用や問題を知らずに
それを推進しようとするお間抜けな
「売れなくなった」タレント出身の議員としか
見ていませんでしたが
勉強不足は誰にでもあること
(首相がシビリアン・コントロールを知らないでも
誰も何も言わないんだから)

私も勉強不足でした
三原氏の活躍に期待し
応援していきたいです
【怪童】

※スポーツ報知の記事を追記
続きを読む

August 08, 2010

8月15日・平成22年度 戦没者追悼祈念講演会のお手伝いのお願い・大阪

日本会議大阪からのお願いです

お手伝いができる方は下記の時間にご集合をお願い致します。
何卒、宜しくお願い致します。
※集合時間 10時までにご集合下さい。
※集合場所 会場の住之江会館ロビー

また行事終了後、5時から護國神社別館「高砂の間」で講師の森永先生ご夫妻
を囲んで懇親会を開催致します。およそ6時半位で終了致します。

※会費は2100円(予定)です。

お手伝い及び懇親会にご参加ご希望の方は8月9日(月)までに丸山(携帯 
090-2598-6497)までご一報下さい。

◎講師の森永先生のご著書「トルコ 世界一の親日国」が森永先生のご好意
で、当日に限って500円で頒布致します。(定価 1575円のもの)是非、お買い
求め下さい。

●平成22年度 戦没者追悼祈念講演会のご案内
〜先人の功績が日本人を救った友情物語〜

今年は日本トルコ友好120周年。外務省は「トルコにおける日本年」とし、ト
ルコ国内で友好祝賀式典などを開催しています。両国友好の機縁は明治23年
(1890年)、オスマン帝国の使節団を乗せた軍艦エルトゥールル号が帰途、台風
に遭い、樫野崎沖で沈没、大島の島民の懸命な救助で69名が救出されました。そ
れから95年後、激化するイラン・イラク戦争のさなか、イランに取り残されよう
としていた日本人を今度はトルコの救援機が救出しました。

その友情物語の舞台裏について当時、商社マンとしてオザル・トルコ首相との
信頼関係から英断を促した立役者である森永先生が克明に語ります。

是非、護國神社・住之江会館にお集り下さい。

●日 時 8月15日(日)午後2時〜4時半(開場 1時半)
※正午から大阪護國神社本殿にて英霊感謝祭を斎行
ご参列の方は11時半までにご集合下さい。

●場 所 住之江会館ホール TEL 06-6681-3401
大阪市住之江区南加賀屋1-1-95大阪護國神社境内 奥の建物
地下鉄・四ツ橋線「住之江公園」駅下車“崕亳から徒歩すぐ
※お車のご利用はなるべくご遠慮下さい。

●イラン在留邦人救出事件に関するTV放映分の上映(2時半〜2時50分)
NHK「プロジェクトX」平成16年1/26放送分の上映を致します。

●記念講演(3時〜4時20分)

演題 『危機一髪!イラン在留邦人を脱出させたトルコ航空』(仮題)

講師  森永 堯(もりなが・たかし)氏
(元 伊藤忠商事イスタンブル支店長)

【略 歴】
昭和17年上海生まれ。昭和40年、伊藤忠商事入社後、アンカラ事務所長、イス
タンブル支店長、海外市場部長、中近東総支配人、中近東会社会長、社長などを
歴任。平成13年、伊藤忠マネージメントコンサルティング社長、18年退任。日
本・トルコ協会理事。トルコ政府より功績賞受賞。先ごろ、『トルコ 世界一の
親日国』(明成社)を上梓。

※入場無料

●主 催 英霊にこたえる会大阪府本部 TEL 06-6681-3401 FAX 06-6683-7397
〒559-0015 大阪市住之江区南加賀屋1-1-95 住之江会館内

日本会議大阪 TEL 06-6245-5741 FAX 06-6243-1682
〒541-0056 大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号
大阪府神社庁内(担当 丸山)

July 15, 2010

7月31日・第3回宮子塾・大阪

日本会議大阪泉州支部・男神社共催 
夏休み 神社で学習会『宮子塾』のご案内
(親御さん、子供さん対象のための案内となっています。)

日本の偉い人のことや日本の文化をたくさんの子供たちに知ってもらいたい、そんな思いで始めた『宮子塾』は今回で3回目を迎えます。

さて、今回の日本の偉人のお話しは、近代日本をつくった幕末の志士達を多数育てた教育者、吉田松陰先生をご紹介します。

もう一つの新しい出し物『乙女文楽』です。文楽とは人形を使ったお芝居のことです。本来、文楽は男性によって演じられますが、『乙女文楽』は文字通り、女性による文楽です。大正時代(80年程前)の大阪で大変、流行しました。茶目っ気のある人形の仕草と面白い昔話をとくと娯楽下さい。他にも楽しいイベントを用意しています。

子供だけでなく大人の方にも気軽に楽しんで頂けるように企画しました。夏休みの研究課題にも使えます!

・日 時 平成22年7月31日(土)午後2時〜(1時半より受付開始)
・会 場 男(おの)神社 泉南市男里3-16-1 雄信(おのしん)小学校横 
・プログラム
※乙女文楽・・・女性の人形つかいが一人で人形を操る人形浄瑠璃、珍しい日本の伝統芸能です。
※「君はなぜ、勉強をするのか?」日本人の偉人伝から学ぶ(今回は吉田松陰先生のお話。幕末維新の英雄をたくさん育てた教育者です。)
他、面白くてためになるお話が一杯です。
・参加費  (運営協力金)500円(大人のみ、子供は無料)
・お問合せ、お申込み連絡先
電話 072−483−2266(男神社)
FAX  072−483−2386
Eメール modesty-oenet@leto.eonet.ne.jp
※親子でご参加下さい。(子供だけの参加も勿論OK!)

July 11, 2010

幻の映画『氷雪の門』の36年ぶり公開に見る、わが国の萎縮外交史

ソ連の圧力で公開できなくなった
映画『氷雪の門』が36年ぶりに公開されるというニュースは
すでに皆さんご存知のとおりです

ストーリーは割愛しますが
(産経の記事を追記)
歴史的事実を描写したことに当時のソ連が激怒し
公開できなくなったという経緯は
日本が如何に周辺諸国に
小ばかにされてきたかを物語っています

事実を表現することすらできない空気が
戦後を支配してきました
なぜならそれは
GHQが事実を語ることを
検閲や条例で禁じたことに端を発します
そして、サンフランシスコ条約締結後も
そのくびきから日本人は開放されることができず
こういった、不当な外圧に屈し
というか、自ら膝を屈め
自虐を国是としてしまうような
浅はかな国民に成り下がってしまったのです

それは特アに対する
幇間が政界をリードする今も
なにも変わっていません

この映画をご覧になるとき
樺太に散った乙女のように
悲しくも美しい名もない日本人が
日本の国の礎となったこと
そしてこういう歴史的事実を
不快に思う周辺諸国の
圧力に負けることで
私服を肥やす醜い日本人が
政権の座にいるということを
私たちは再認識すべきなのです
【怪童】

映画『氷雪の門』オフィシャルサイト
http://www.hyosetsu.com/



続きを読む

July 04, 2010

「独立記念日」を祝える幸せ

アメリカに住んで7年になります

この国にはおかしなことが山のようにあり
在米日本人と話をしていると
社会システムに文句を言う人が多いです
「日本はいいよなぁ」と言うのが
口癖のようになっている人もいます
そういう人が日本になぜ帰らないのか
筆者は疑問なのですが
そうは言うものの
何か居心地がいいから
アメリカにとどまっているわけです

筆者もアメリカはへんなところだと思うことがありますが
尊敬できるところもたくさんあるし
羨ましく思うこともたくさんあります

それが、今日、7月4日の独立記念日です

民主党でも共和党でも
リベラルでも保守でも
アメリカ人はこの日は
祖国の誕生を祝います

日本には建国記念の日がありますが
ついぞそれを
祖国の誕生日として
すべての国民が心をひとつにして
祝うなどということを
聞いたことがありません

それが架空の日だからというのは
理由になりません
なぜなら日本は
実際の成立の日がわからないほど古い
世界最古の国だからです

そういった当たり前のことを
教育しないのですから
当たり前の話ですね

近代国家というのはアメリカに限らず
なべて人工的なものです
統合するための装置が必要であり
そのために象徴としての君主や国旗・国歌
そしてそういった記念日がある訳です

占領政策と戦後教育が
日本人に意図的に求心力を失わせたことは
議論の余地がありません
世紀末に、「右傾化」といわれた教育再生や
歴史の正しい評価の運動は
国民の間にタブーをなくしましたが
マスコミや政治家は
自己規制によって
結局のところその正常化を
骨抜きにしてしまったような気がします

筆者は現今の亡国の状況を考えるとき
独立記念日のない
ある意味で誇るべき国が
それを必要としているということに
気づかされています

この国に多くある矛盾が
7月4日に瞬間的に忘れられ
祖国を祝うことができる

こういう瞬間を共有できる日が
私たちにもあればと思いますが
左翼も国を愛しているアメリカと違い
日本の左翼は国を滅ぼすことしか考えていませんから
結局、無理なのでしょうか
【怪童】



June 30, 2010

西村眞悟の時事通信 第520号

「歴史を失った者どもの選挙と再興の芽生え」
No.520 平成22年 6月27日(日)

 六月二十三日、車のなかで、ラジオのスイッチを入れると、衆参両院議長が沖縄で沖縄戦戦没者追悼演説をしていた。全文を聴いたわけではないが、悲惨な沖縄戦のなかで非業の死を遂げられた人々への追悼の辞を述べていたようである。この挨拶の基調は、八月十五日の全国戦没者慰霊式でも変わらないだろう。
 一ヶ月前の四月十九日に、エルサレムでイスラエル戦没者追悼式典に出席したが、演説をしたイスラエル国会議長は、テロリストによってガザ地区に拉致された一人の兵士の名を挙げて、彼の救出に全力をあげると宣言した。
 何故なら、イスラエルの国会議長は、戦没者は祖国と同胞を守る為に任務を尽くした恩人であるという前提で演説をしていたからである。従って、今生きる我々も、戦没者と同じように今拉致されている同胞を救うために全力を尽くすと戦没者の前で誓った。イスラエルの戦没者追悼式は、戦没者を忘れず戦没者に感謝する日である。
 我が国の衆議院議長と参議院議長は、共に社会党という左翼政党出身者である。彼らは、戦没者に感謝することができない者達である。従って、追悼だけに終わる。何故なら、彼らは戦没者が何のために亡くなったのかを語ることはできないからである。これに加えて、総理大臣も、彼らと同じ左翼出身者であり、戦没者が何の為に亡くなったかを語ることはできないだろう。
 従って、彼ら三人は、イスラエル国会議長のように、八月十五日に、任務を果たした戦没者の前で、横田めぐみさんや拉致被害者の救出に全力をあげると誓うこともできない。
 では、戦没者が何のために亡くなったのかを語ることができない状態とは何か。それは、歴史を失った状態そのものである。
 沖縄での衆参両院議長の歯の浮くような追悼演説を聴いてから参議院選挙が始まり四日経った今朝、これは、「歴史を失った者どもの選挙」だと思う。
 我が国の再興の為の最大の課題は、「歴史の回復」であるのに、総理大臣、衆参両議長をはじめとして「歴史を失った者ども」が選挙をしている。
 政治家の使命感は、自国の歴史を学ぶことから生まれる。しかし、我が国の戦後政治は、平穏をえるために、歴史を見つめる者を排除して、政治家の使命感が生まれる源を無視した。そして、終に、歴史を失った者どもが内閣の中枢に坐り衆参両院の議長に収まって選挙になっ�討い襦�い茲い茵◆嵋換颪寮鏝紂廚癲∈能�奮�忙蠅辰拭��実匸 そこで沖縄戦を見つめる。
 沖縄戦は、本土に対するアメリカ軍の攻撃を阻止するために、徹底して遂行された。
 アメリカ軍の戦死者は、一万二千五百二十人、負傷者は七万二千人に達した。我が方の人的損害は、十八万八千百三十六人といわれている。その内、民間人は九万四千人である。その民間人の戦没者のなかには、渡嘉敷島や座間見島そして沖縄本島での千名に及ぶ集団自決者がおられる。
 その戦闘終結は、六月二十三日だと思い込んだ者どもが、数日前に沖縄で追悼演説をしていたが、遊撃戦はなおも続き、最終的に第三十二連隊の連隊長が投降したのは、八月二十九日である。沖縄戦が六月二十三日に終結していないから、八月十五日まで、神風特別攻撃隊は沖縄周辺の敵艦に突撃し、宇垣纏海軍中将も八月十五日に沖縄に向けて特攻出撃したのだ。
 昭和二十年三月二十三日から沖縄はアメリカ軍の猛烈な空爆に曝され、四月一日にアメリカ軍は嘉手納湾に上陸を開始した。
 このアメリカ軍を地上で迎え撃った日本の第三十二軍は約三ヶ月間にわたり驚くべき粘りをみせて頑強に戦ったが、遂に軍司令官牛島満中将は、六月二十三日に摩文仁周辺の洞窟陣地で自決した。そして、爾後、遊撃戦が敢行されてゆく。
 牛島軍司令官の辞世は、「矢弾尽き 天地染めて 散るとても 魂還り魂還りつつ 皇国護らん」である。そして、訣別に当たり次の如く指令している。
「・・・爾後各部隊は、各局地における生存者の上級者これを指揮し、最後まで敢闘し、悠久の大義に生くべし。」
 つまり、牛島軍司令官は、死ぬまで戦い抜けと命令して自決していった。まさに、沖縄戦に出撃して四月七日に轟沈した戦艦大和の生存者である吉田満海軍少尉が書き残した通り、「至烈の闘魂、至高の練度、天下に恥じざる最後なり」だ。
 硫黄島に続いて沖縄でも、何故ここまで戦い抜いたのか。それは、日本を護る為だ。
 ここが分からない者に、沖縄戦の戦没者を追悼する資格はないのである。
 まず今に生きる我々がしなければならないのは、沖縄戦を戦った全ての同胞に感謝の誠を捧げることであり、祖国を護る為に徹底抗戦して「悠久の大義に生きる」英霊を讃えることである。
 しかるに、「戦後」は、この「祖国日本を護る」ということ、つまり牛島中将の求めた「大義」が消されてしまった。従って、戦没者は単なる「犠牲者」となった。
 しかし、沖縄戦の大義を顧みるならば、戦没者を「犠牲者」扱いするのは無礼である。心から感謝しなければならない。
 戦没した沖縄県民の悲しみは、戦後の日本において、何の為に死んだのか分からなくなったことにある。そして、戦後の沖縄県民の苦痛は、戦った敵のもとで生きることを余儀なくされたことである。
 迷走した鳩山内閣に続く歴史を失った菅内閣の面々を見ていると、沖縄の英霊に対する「無礼」はこれからも続くだろう。このように、戦没者に無礼を続ける国に、未来はない。
 よって、一刻も速く、このような戦後政治から脱却しなければならない。
 
 そこで、この度の参議院選挙における大阪と兵庫の二人の候補者のことを述べておきたい。まさに、我が国の「歴史の回復、名誉の回復」、即ち、戦後からの脱却を掲げた候補者である。
 二人とも、若い女性だ。
 一人は、兵庫県三田市の前市会議員で、たちあがれ日本から比例代表区に立候補した「三木けえ」さん。
 彼女のパンフレットを見れば明らかなように、英霊に感謝し靖国神社に参拝することが、国家再興に至る道だと第一に訴えている。彼女は高校生と中学生の二子の母だ。
 もう一人は、大阪選挙区に出馬した「浜野ゆきこ」さん。
 この子は、独身で普通の女の子だった。しかし、鳩山内閣以来の我が国の名誉の失墜と中国への屈服などの祖国の屈辱の情況を見て、我慢しきれなくなって靖国神社に参拝した。その時、英霊の前で参議院選挙に出馬しようと思い立った。両親もびっくりしたが、もう止められない。今、走り回っている。
 大阪、関西では、この二人の女性が、靖国神社を原点にして起ち上がっている。まことに貴重な、我が国家再興の芽生えだ。
 私は、この二人の女性候補を応援している。(了)

June 26, 2010

7月25日・児玉神社例大祭・神奈川

児玉神社例大祭
(奮って参加を)
梅雨の季節に入りましたが皆様方にはご健勝のこととお慶び申し上げます。
さて、先の支部総会にて年間行事の一つとして、例年通り児玉神社例大祭へ
の参加が決まっておりますが、下記の通り日程が定まりましたのでご案内致し
ます。皆様方の参加をお待ちしています。



日時  平成22年7月25日(日)午前11時より
費用  玉串料として千円のご用意をお願いします
場所  江ノ島 児玉神社
 江ノ島へ渡り、エスカレーター乗口左にある鳥居を入り階段を上る
【最寄駅】小田急線片瀬江ノ島駅下車 徒歩約15分
藤沢発10時25分 片瀬江ノ島着10時32分 各駅停車が便利
*参加希望者は7月15日(木)までにメールで、お名前、電話、会員・一般の旨を記してお申し込みをお願いします。
日本李登輝友の会神奈川県支部
E-mail:kuri1940@jcom.home.ne.jp

April 03, 2009

靖国映画『私たちは忘れない』がYouTubeで見られます

靖国神社・遊就館で毎日上映されている
ドキュメンタリー映画『私達は忘れない』が
YouTubeでご覧になれます

ちなみにこの映画のタイトルを
Googleでひいてみると
トップにあがるのは
この映画がプロパガンダだという主張の
プロパガンダでした
その次は明らかに左翼学術団体による皮相的な分析
金で真実をゆがめる

Google(というよりもネット情報業界全体に
いえることですが)の実態が
よくわかります

それはともかく
この映画は
こちらからご覧になれます

その1
その2
その3
その4
その5
その6
その7

反日プロパガンダに負けない
こういう啓蒙活動は
ますます必要ですね
【怪童】

March 19, 2009

日本人犠牲者にも光を

読売新聞
過日報道した
このたび米国で発見された
日本兵捕虜6千人の死亡者リストを
佐賀県にのNPO「戦没者を慰霊し平和を守る会」がネット公開しています
(記事は追記)

ともすれば
戦時プロパガンダに乗せられて
敗戦国の犠牲者だけに
スポットが当てられる
嘆かわしい時代です

捕虜虐待などその際たるもので
日本軍の残虐行為ばかりが誇張され
伝説化され
その日本軍人がどのような仕打ちにあったかは
ほとんど報じられることも
語られることもないのではないでしょうか

祖国を守るために戦った
英霊たちに
今一度敬意を表することを
私たちは考えるべきでしょう
【怪童】 続きを読む

March 15, 2009

田母神氏、福井で講演

添付ファイルの通り
平成21年3月28日(土)に
田母神俊雄氏の講演が
福井で開催されます
主催は日本会議福井と
畠奈津子「郷守人(キモンド)」編集部
詳細はこちらからどうぞ
LAで田母神氏の講演を拝聴しましたが
堅い話をわかりやすく
ユーモアを交えて話される氏に
魅了されました
近隣の方、多数ご参加ください
【怪童】

March 09, 2009

田母神氏ロサンゼルス講演会のDVDを進呈

ロサンゼルスで田母神俊雄氏の講演があったことは
既に報じたとおりです
また、産経新聞に
同氏の単独インタビューが載っています
(産経の記事を追記
因みに、単独インタビューは
本会でも行いました
次号会報にその関連記事が掲載されます)

ところで、このロサンゼルスで行われた
田母神氏の講演のDVDを
篤志家の方が寄贈してくださり
本会北米支部会員の木庵さんを通じて
希望者に無料で配布されることになりました
数に限りがあります
また、送料の関係もありますので
今回は米国内限定になりますが
ご希望の方は
こちらをご参照ください

日本の方とも
講演会録画を共有できるように
只今画策しております
今しばらくお待ちください
【怪童】続きを読む

March 04, 2009

田母神氏次期総選挙出馬を示唆?

General Tamogamiさる3月1日に行われた
田母神俊雄・元航空幕僚長の講演会に
サクラメントからLAまで行ってきました
飛行機でも日帰りはキツかったですが
こんなチャンスは在米日本人にはなかなかないので
(つまらない歌手なんかは来ますが)
期待して参加しました

主催者によれば
サクラメントやサンフランシスコからの参加なんか
まだ近いほうで
ニューヨークやモンタナ州からも参加があったとか

さて、皆さんは
田母神さんのお話を聞かれたことがありますか?
YouTubeで『たかじんのそこまで言って委員会』(大阪・読売テレビ)に
出演されたときのビデオを
探してみてください
まだアップされていると思います

ユーモアのある
話し上手な小柄な紳士

そのビデオを見ていた私は
田母神さんのことを
そのように印象付けられていたのですが
そのままの方でした

前日も名古屋で講演
当日の朝到着されたという田母神氏は
勿論疲れた表情など見せられず
まずジョークで観客の心をつかみ
自分が更迭された経緯について
裏話を交えて話じはじめられました

以下、私のメモを基に
箇条書きで主な発言を列挙します
ただし、歴史に関する内容については
すでに氏が多くのところで話されているし
歴史観には同意しますが
事実関係には疑問に思うところもありますので
割愛します

(尚、当日の様子の詳細は
北米支部会員の内藤氏のレポートで
自由主義史観研究会会報に掲載される予定です)

=====================================
−私は、「日本は素晴らしい国だ」と書いて、政府見解に反するとしてクビになった。政府見解とは「日本はろくでもない国だ」ということだ。
−与野党はいがみ合っているのに、私をクビにするときだけは奇妙に一致した。
−私が参加していた、アパ・グループ社長の「ワインの会」には、民主党の鳩山も出席していた。「長居しなかった」と言い訳しているのは嘘だ。
−統幕学校長時代に訪中をしたが、歴史認識について相手を批判したら防衛省から褒められたのに、今度はクビになった。
−私を首にしておきながら、次期総選挙出馬への誘いがたくさんある。
−自衛隊のOB組織や、駐日大使館には防衛省から、私に喋らせないようにと圧力がかかっている。しかも、圧力ではなく、自主的に断ったと釈明してくれとまで言っている。日本は「ここまできちゃったか」という気持ちだ。
−防衛力は外交交渉のバックには必要だ。日本のように「言うことを聞かなかったら話し合うぞ」というのでは、なめられるばかりだ。
−中川前財務相が、ちょっと核武装論を口にしたら、ライス国務長官が訪日した。核保有国は、核の力を知っているから持たせたくない。「世界は腹黒い」という自覚が必要だ。
−日本が世界になめられはじめたのは、ダッカ事件からではないか。日本は犯罪者を釈放し、追い銭までやったが、同様の事件でドイツは、犯人グループを全員射殺した。その直後に、横田めぐみさんが拉致され、教科書検定問題、総理の靖国参拝中止、藤尾文相の更迭などが続いて起こる。
−公明党は権力維持のための麻薬だ。
−五百旗頭現防衛大学校長は、政府見解に反対していた(イラク派兵、靖国参拝)のに、更迭されていない。
日本は今、強い親父を求めている。

90分間メモも使わず
歴史認識に関しては
中学生でも分かるような内容で
偽南京事件などについて語られていました

質疑応答は
なかなか中身の濃い質問が続き
ここに全てを書ききれないのが残念ですが
(機会やご希望があれば
また公開します)
ひとつだけ、出馬の有無についての質問に対する
田母神氏の答えを書いておきます

仮に当選したとして
自分が何をできるかということを
見極める必要がある
現在のような、講演、執筆活動のほうが
影響力があるとも思う
出ることで日本を変えられるなら
という気持ちもある
まだ出馬については
決心していない


LAに集まった
日本人を喜ばせるための
リップサービスかもしれませんが
田母神氏は
出馬を否定しませんでした

ただ、氏が仰るように
自民党や民主党の陣笠議員になっても
なにもできないでしょう
数合わせに使われるだけです

私が心ひそかに期待するのは
田母神氏が本当の意味での保守政治家を集め
シンボルリックな党首となって
世直し政党を立ち上げることなのですが…

小沢民主党の混乱で
ますます混沌としてきた日本政界
選択肢を失った国民が
独裁政党である共産党、社民党、公明党などを
受け皿だと考える前に
そういう動きがあってほしいです
【怪童】

東條由布子さんの講演があります

東条英機元首相の孫
東条由布子さんの
『家族愛』出版記念講演と交流会
京都で開かれます


東京偽裁判史観の呪縛は
戦前の歴史を全否定するのみならず
日本の伝統文化を大きく損ないました
その最大のもののひとつが
家族のことではないでしょうか

東條英樹元首相のご家族にあった
家族愛を通じて
現代日本を考えてみませんか

詳細は下記の通りです
【怪童】
=====================================
●日時:平成21年3月8日(日)・18:30〜20:00
(開場=18:00、20:30〜ゲストを交えて交流会)
●会場:ひと・まち交流館京都 3F第4会議室
 京都市下京区河原町五条下る東側
 京阪清水五条下車徒歩8分、地下鉄五条駅下車徒歩10分
 電話:075-354-8711
●ゲスト:東條由布子氏(『家族愛』(春日出版)著者、東條英機元首相孫)
●定員:90名(要申込、定員になり次第締切)
●参加費 <サイン入り書籍付>:講演のみ…3,000円/講演+交流会…6,000円
 (学生はそれぞれ2,000円/5,000円)
●申込み/問合せ:久野潤さん(大阪国際大学 講師) kunojun@amethyst.broba.cc
 【メールでのご連絡には、お名前、通勤先または通学先を明記のこと】
●当日連絡:090-2933-8598(久野さん)、090-6876-3385(逸見さん)

 以下、主催者からのコメントです

 戦後、わが国では伝統的な「家族」という枠組みが少しずつ壊れてきました。これは現在の日本人の生活様式の変化も一つの理由ですが、根本にはそれ以前まで大切に受け継がれてきた日本的な価値観が失われてきていることがあります。
一方で、戦後の我々の教育の中では戦前日本そのものが否定されています。不条理にも歴史上否定され、抹殺されようとしている東條英機元首相の孫である東條由布子氏がこの度書かれた『家族愛』――そこには戦前に書かれた日記や手紙などによって、現代忘れられた“家族のきずな”があります。これに触れることによって、「家族」というものを今一度見直すきっかけにしてみませんか。
 講演後はゲストである東條由布子女史も交えての交流会を御用意しております。多彩なメンバーが集まっておりますので、併せて是非ご参加下さいませ。

January 30, 2009

建国記念の日に天皇陛下のご即位20周年をお祝いしましょう

アメリカでは5月5日は祝日ではないですが
各地でお祭り騒ぎになります
それは、Cinco de Mayoというメキシコの記念日です
独立を守った故事を祝う日です
外国でも愛国心を発揚できる日があることを
小生はうらやましく思っています

幸か不幸か日本には独立記念日はありません
日本という国がいつできたかもわからない
長い歴史を持つ国だからです
その国の誕生を神話に求め
神武天皇のご即位に基づいて定められたのが
建国記念の日です

今年は、今上陛下のご即位20周年という
記念すべき年です
大阪で行われる集まりの情報を
以下ご紹介します
私たちは胸を張って
祖国を誇る日を迎えるべきだと思います
【怪童】
++++++++++++++++++++++++++++++
■奉祝 天皇陛下御即位二十年 建国記念の日をお祝いする府民の集いのご案内
 今年、「即位礼正殿の儀」(平成2年11月12日に執り行われた)が挙行された11月12日に開催される天皇陛下御即位満二十年の皇居前国民祭典まで全国各地で奉祝行事が開催されます。
 この機会にこそわが国が抱えている課題についても解決していく力を持ちたいものです。建国記念の日に改めて日本の成り立ちに思いをはせ、日本再生のスタートにしていきたいと思います。
 ・日時 平成21年2月11日(祝・水)午後2時〜4時30分(開場1時半)
 ・場所 大阪府神社庁会館5F TEL 06-6245-5741
  大阪市中央区久太郎町4丁目渡辺6号
◎地下鉄「本町」駅下車、15番出口から徒歩1分、駐車場がありませんので、地下鉄をご利用下さい。
◎当日、お手伝い頂ける方は神社庁会館に10時半までご集合下さい。お手伝い頂ける方は2/7(土)までに丸山 090-2598-6497へご一報下さい。
 ・奉祝記念映画上映(2時半〜3時5分)『平成のご巡幸−第2巻 鎮魂と平和への祈り』(上映時間 35分)
 ・記念講演(3時10分〜4時20分)
  演題 『皇室と日本人〜天皇陛下の祈りと国民としての果たすべき役割』     講師 松浦光修氏(皇學館大学教授)
 ・資料代 1,000円
 ・主催 日本会議大阪 TEL 06-6245-5741/FAX 06-6243-1682(担当 丸山さん)
 ・協賛 財団法人 大阪国学院

May 17, 2008

小野田寛郎さんの講演があります

日本会議中河内支部総会で
小野田寛郎さんが記念講演をされます

若い人にはお名前を聞いても
ピンと来ないかもしれませんが
横井庄一さんに続いて
小野田さんが発見されたときは
子供心に感動したものです

ただ、周囲の大人は
学校の先生を含めて
「可愛そうな人だ」
という反応だったのを覚えています

若い皆さんが
彼らをご存じないとすれば
それはマスコミがこういう人を
わざと忘れさせようとしているからなのです

日本精神を胸に
極限を生き抜いた小野田さんの言葉は
亡国の状況にある日本に
渇を入れてくれることでしょう

どなたでも聴講できます
詳細は下記の通りです
事前にお申し込みの上ご参加ください
【怪童】

■平成20年度中河内支部総会記念講演
・日時 平成20年6月29日(日)午後2時〜
・会場 八尾市プリズムホール
 近鉄大阪線八尾駅下車、西部百貨店東側
・講師 小野田寛郎先生(財団法人小野田自然塾理事長)
・演題 「極限で私を支えたもの」
・入場無料
・主催 日本会議大阪中河内支部
・連絡先 枚岡神社 TEL 072-981-4177 FAX 072-982-8176


February 06, 2008

不逞支那人に立ち向かった関勇元陸軍憲兵伍長

先日靖国神社で
不逞支那人に関勇(元陸軍憲兵伍長)が
国旗を奪われ、汚された事件
ご本人が桜チャンネルで
事件の模様を語っておられる映像が
こちらにアップされています

情報によると
その支那人が不起訴処分になったとか

どこの国でも
聖地で国旗を汚したら
大罪になるでしょう
中共なら銃殺になのでは?

日本では戦友の御霊に会いに来た
老戦士の持つ国旗を奪い取って
それを毀損しても無罪放免
在日×国人がやったらどうなるんですか?
何回でも同じ犯罪が
繰り返される恐れがあるということですよ

誰がそんな国の為に命張るでしょうか
そんな愚かな国に日本がなる為に
靖国の英霊が命を張ったのではないと思います

今回の事件
マスコミはほとんど報じていないですが
とてつもなく重要な問題だと思います
英霊が眠る場所で
国旗を汚した人間を無罪放免にする
ここまで日本は
情けない国になってしまったのです
【怪童】

January 31, 2008

「英霊来世」続報

過日ご紹介した
英霊来世(エイレーライズ)の
マイスペース内のページが
こちらにありますので
ご参考まで

彼らが紹介されたテレビ番組も
ここで見ることができます

CDの売り上げの一部は
靖国神社に奉納されるとのこと

こういったアーティストが
もっともっと大きく羽ばたけるように
応援していきたいものです
【怪童】

January 29, 2008

靖国神社参拝の老人を襲撃した不逞支那人を英雄視

ネットニュースのJ-CASTニュースが
支那語のウエブ上で
靖国神社に参拝する80歳のお年寄りを襲撃し
国旗を汚した凶悪な不逞支那人を
英雄視していると報じています
(記事は追記)

これだから民度が低い国は困ります
伊藤博文を暗殺した
テロリストを賞賛する国と同じですな

このように、自分たちの歪んだ主張を
暴力やテロで実現しようとする
支那人がこれから増えるかもしれません
にもかかわらず
政府は中共国籍の人間に対して
観光ビザ発行の要件を緩和するとか

間抜けというか
お人よしというか…

日本国内の外国人犯罪の増加を見れば
ビザ発給を緩和するどころか
引き締めをすべき時じゃないですか?

今回の事件
もっと大きく報じられなかったのが
不思議なくらいです

無名戦士を祀る場所で
暴力行為を働くというのは
北朝鮮のアウンサン廟爆破以来の暴挙ではないですか?
それくらいに
私たちは捉えるべきです
【怪童】
続きを読む

January 23, 2008

映画『明日への遺言』割引鑑賞券のご案内

映画『明日(あした)への遺言』
3月1日から松竹・東急系でロードショーされます
(映画の広報資料は追記しています)

この映画を配給するアスミック・エースから
特別鑑賞券が提供されるという情報が入りました
同社からの情報は下記の通りです

誇りと自信を失っている
全ての日本人に見てもらいたい作品ですね
【怪童】
+++++++++++++++++++++++++++++++++++++
3月1日公開作品「明日への遺言」 
 さて弊社では、2008年3月1日より松竹・東急系全国劇場にて、「明日への遺言」を公開いたします。日ごろお世話になっている皆様方にもご協力いただきたく、本作品の特別販売促進鑑賞券"愛と感動のチケット"(額面1,000円)を下記の通り、作成いたしました。
 本チケットは、公開劇場やプレイガイドなどで扱っている全国共通特別鑑賞券(額面1,300円)とは異なり、販売促進にご協力いただく皆様に向けて、特別にご用意したものです。
 「明日への遺言」をより多くの方々にご覧いただくために、何卒ご協力のほどよろしくお願い申し上げます。
アスミック・エース エンタテインメント株式会社
映画配給事業グループ 常務執行役員 磯野 進

1.券種・特別価格について 
「明日への遺言」"愛と感動のチケット"特別販売促進鑑賞券(全国共通):特別価格1,000円(税込)
*チケットの額面は1,000円(税込)ですが、ご精算は900円(税込)とさせていただきます。
*額面と精算金額の差額100円は、販売にご協力いただいた方への手数料としてお納めください。

2.注文方法
下記の事項をご記入の上、ファックスまたはメールにてご注文ください。
折り返し宅急便にて、チケットと請求書をお送り致します。 
※メールでご注文の場合は、件名に【明日への遺言"愛と感動のチケット"】と入力ください。

 締切:2008年2月29日
その他お問い合わせがございましたら、アスミック・エース担当 大澤 までお願いいたします。

アスミック・エース エンタティメント
〒530-0003 大阪市北区堂島2−2−2 近鉄堂島ビル17F
TEL 06-6344-0902 FAX 06-6344-0905続きを読む

January 21, 2008

憂国和製ラップグループ、祖国を歌う

英霊来世を聴こう!アメリカ在住のKさんからの情報です
小生はまだ聴いていないのですが
皆さんは「英霊来世」(エーレイライズ)というラップグループのCDが
憂国、愛国の若者を中心に話題になっているようです
昨年の8月15日に発売されたとのことですが
一般に流通していないとのことなので
直接こちらから購入しなければならないとのこと
こういった動きが
若い人たちの間で生まれているのは
頼もしいことだと思います

Youtubeで映像がありました
こちらからどうぞ
なかなかよくできていると思います

媚中マスコミが彼らを無視しても
私たちが広げていきましょう

♪逆襲の日本
さぁ、来るぞ!
【怪童】

October 20, 2007

特攻隊の真実を伝える

9.11や自爆テロの無法者を
特攻隊と同一視する
アメリカのメディアの無知さには
いまさら驚きはしませんが
せめて日本人は
彼らが、「天皇陛下万歳」だけではなく
父母、そして幼い兄弟や
今後の日本を思って
自らを犠牲にしたこと
そして、靖国神社で家族に会えると信じて
散華していったことを
知っておかねばならないと思います

些か旧聞に属しますが
特攻隊員の母、鳥浜トメさんの
顕彰碑の除幕の記事と
台湾で見た特攻隊員の思い出の記事を
それぞれ『産経』と『台湾の声』から
追記します
ちょっと時期はずれですが…

英霊となった彼らによって
今の日本の繁栄があることを
日本人なら誰一人忘れてはいけないし
そんな彼らがいる靖国神社を
いかなる形でも冒涜することを
許してはならないのです
【怪童】続きを読む

August 15, 2007

大阪で「もうひとつの戦争展」が開かれます

新しい歴史教科書をつくる会大阪府支部、日本会議大阪共催の
パネル展「もうひとつの戦争展」が開かれます

歪んだ教科書で教えられた歴史とは
全く違った歴史がそこにはあります

8月20日(月)〜22日(水) 10時〜17時
※最終日22日(水)は午前中のみ
エル・おおさか(大阪府立労働センター)
大阪市中央区北浜東3-14
京阪・地下鉄谷町線天満橋駅西へ300m/京阪・地下鉄堺筋線北浜駅東へ500m

入場は無料です
【怪童】


June 27, 2007

マスコミが無視した、沖縄戦死者遺族が総理にお願いした「靖国参拝」

沖縄在住の狼魔人さんからの情報です

6月23日安倍首相が参列して
戦没者追悼式が行われましたが
仲宗根遺族連合会会長が式辞の中で
「首相は靖国神社を参拝して欲しい」と
述べていたとのことです

去年の追悼式でも
仲宗根会長は同じ文言で小泉前首相に
靖国参拝のお願いをしていたそうで
それが小泉前首相の8月15日の靖国参拝を
促したという話もあります

『日経』だけがこれを昨年
清水真人編集委員の署名記事で
報じたようです
(一応追記しておきます)

主要マスコミは去年も今年も
全部これを無視
何を恐れているのでしょうか?

英霊は「靖国で会いましょう」を希望に
日本人と日本の将来のために
散っていったのです
遺族が総理に靖国参拝を願うのは
当然のことですし
それを報じないのは
どう考えてもおかしいです

嬉しかったのは
やはり小生の思いの通り
沖縄の普通の人々は
マトモだったということです

狼魔人さんのブログは
こちらです
「狼魔人日記」
【怪童】
続きを読む

June 01, 2007

DVDアニメ「誇り」は非売品だそうです

日本青年会議所事務局によると
5月19日付の拙ブログでご案内した
DVDアニメ「誇り」は
各地域の青年会議所にあって
市販はしていないとのことです
残念!

ただ、青年会議所で観ることができるそうなので
日本在住の方は
是非ご覧になって
こちらまでトラックバックや
感想のコメントをお願いします
【怪童】



May 17, 2007

ゴーマン韓国首相内政干渉発言〜周辺諸国はあんたたちだけか?

この人たちはどこまで厚かましいのか!
内政干渉という言葉の意味を知らないんでしょうね
こういうところでも
この国が近代国家ではないということが
よくわかるんですよ

『時事新報』の記事を見てそう思いました
以下、引用です

2007/05/16-21:22 憲法改正、「過去直視を」=周辺国が懸念−韓国首相
 【ソウル16日時事】韓国の韓悳洙首相は16日、ソウルを訪問中の日本の報道機関代表団と会見し、国民投票法成立など日本の憲法改正に向けた動きについて、「過去を直視し、北東アジア、世界の平和と繁栄に寄与する日本の努力と意思が、もう少し十分に感じられる措置を取れば望ましい」と述べ、韓国など周辺国からの理解が必要だとの考えを表明した。
 韓首相は憲法改正の動きに触れ、「周辺国から一部、懸念の声もある」と指摘。安倍晋三首相が靖国神社に供え物を奉納していたことについては「正しい歴史認識のために良くない」と批判した。
(引用終わり)

韓国が中国が北朝鮮が憲法を改正したときに
「周辺国」の理解を得ましたかね?
そんなことする訳がない
ましてやまともな国ならば
それに干渉してはいけない

そもそも憲法は国内にしか通用しないんだから
憲法をどうするかは
日本人が決めることであって
他国が嘴を入れるのは
内政干渉以外の何ものでもない!

余談だけど
「憲法第9条を世界遺産に」なんていう言葉を
テレビの番組表から見つけて
アメリカが押し付けた古臭い遺物を
馬鹿にした漫才師のギャグかと思ったら
本気で「学者」がそんなことを言っているらしい
嗚呼、あほらしやの鐘が鳴る
いちびるのもいい程々にしなさい!!

しかし、韓国が内政干渉好きなのは
昔からわかっているけど
自分たちがされたら
烈火のごとく起こらないムニカ?

これがダブルスタンダード
これが日本人への人種差別
じゃないムニカ?

しかも、周辺国って
インドネシアやマレーシアやインドでは
(そこに住む反日華僑は別だよ)
昔から自衛隊増強を望んでいるんです
みんな中共の軍拡に懸念を感じていますが
日本の憲法改正には
心配などしていませんよ
いざとなったら
支那にでも、ロシアにでも、日本にでも
都合の良い国の家来になることで
生き延びてきた国には
わからんのでしょう
中華思想=支那と対峙することの恐ろしさを

連中はいまだに
尖閣列島は愚か
沖縄だって支那の領土だと嘯いているんですよ
内心朝鮮半島だって
属領だと思っている
台湾が赤く染まったら
次は沖縄に食指が動くでしょう
それでいて自衛権がないかのように読める
英語を翻訳した憲法を
いまだに有難がっているのは
頭が悪いかおかしいか
それとも支那の手先か
どれかでしょう

「解釈改憲でなし崩し」の方が
よっぽど危険なのに
愚かな人はわからんのですね
大日本帝国憲法は「不磨の大典」だったために
改正できませんでした
それが、左翼の言う
「軍国主義」につながったという歴史を
ちゃんと勉強しましょう
まずは日本人がね

まぁ、靖国神社の話は聞きあきました
無名戦士や国に殉じた御霊に
国の安全と平和を祈るという
美しい習慣がわからない人には
何を言っても無駄です

「美しい日本」のために
無視すべきは無視しましょう
本当の周辺諸国は
日本に期待しています
【怪童】

ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)