February 24, 2011

古い書棚から〜怪童の私的書評001

岡田幹彦著『東郷平八郎』、展転社、1997年

 東郷平八郎の生誕150周年の評伝。筆者が言うように、戦後の東京裁判史観で東郷は歪められ地に落ちたのは言うまでもないことで、学習指導要領が東郷を教えよと言っても、教科書では日露戦役の救国の英雄となった東郷を国民が「もてはやした」と、嘲笑気味に語っているような按配だ。しかし筆者は、東郷への憧憬と尊敬を、言葉の限りに並べ、それを補って余りある。偉人伝が少なくなった日本の教室に、ぜひこういう英雄譚が復活して欲しいものだ。
 筆者の語り口は講談調(それがいささか鼻につく)で、難語を使うがぎこちない。また繰り返しの表現が多く、少し食傷気味になった。その点は好みの問題だろうが。
 ただ、末尾で、晩節を汚したとされる、東郷のロンドン条約での発言を弁護したいがあまりに、浜口雄幸、幣原喜重郎、そしていわゆる「条約派」の将軍を口汚くののしるのは如何なものか。東郷のほうが政治を知っていたという弁護は牽強付会だろう。政治、すなわち予算の問題や国際情勢を勘案すれば、ロンドン条約を締結・批准することは誤りだったとは言えない。また、東郷ら艦隊派の意見が通れば、議会制政党政治そのものが成り立たなくなってしまう。それでもかまわないとするなら、東郷も著者も、政治を知らないと評されても仕方がない。
 評伝であるが故の贔屓はある程度やむをえないが、贔屓の引き倒しは、東郷の正当な評価まで曇らせるのではなかろうか。
※このシリーズは、最近読んだり、読み返したりした本の個人的な感想です。

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)