January 09, 2011

1月15日・黄文雄先生講演会・東京

黄文雄先生講演会「海から見た東アジア〜膨張する中国とシーパワー勢力の対決」

黄 文雄(こう ぶんゆう)先生  http://kobunyu.jp/
評論家、拓殖大学客員教授

1938年台湾高雄県岡山鎮生まれ。
1964年 来日、早稲田大学商学部卒、明治大学大学院政治経済学研究科修士課程修了。


覇権主義を続ける中国を厳しく批判する一方で、台湾を近代化に導いた日本を高く評価し、日本の文化・文明に心酔、戦後の自虐史観を払拭する言論活動を続けている。
現在 各テレビ局・『正論』・『文芸春秋』・『SAPIO』・『WiLL』など多数のテレビ・新聞・雑誌で論戦を張っている。
近著『日本支配を狙って自滅する中国』、『これからの中国は、こうなる!』、『それでも中国を信用できない7つの理由』など日本著書が100余冊、『中国瘟疫史 兼論SARS禍』など漢文著書が40余冊。

【日 時】 平成23年1月15日(土)13時10分〜16時40分(開場:13時)
【会 場】 文京シビック3F 第1・2会議室(文京シビックセンター内)
東京都文京区春日1-16-21  03-3812-7111
交通:東京メトロ丸の内線・南北線「後楽園駅」都営三田線・大江戸線「春日駅」徒歩1分
【参加費】 1000円 (事前申込の女性・学生500円、高校生以下無料)
会場の定員が90名につき、先着順とさせて頂きます
【懇親会・新年会】講師の黄文雄先生や国際政治学者の平松茂雄先生、作家の田中秀雄先生等参加予定。 池袋で17時30分〜20時30分を予定
参加費:事前申込4300円 (事前申込の学生3800円)
当日申込4800円 (当日申込の学生4300円)
【申込先】 1月14日までにメールまたはFAXにて(当日受付も可)(懇親会は1月13日 23時迄)
★当日は混雑が予想される為 事前申込の無い方の入場は講演5分前とさせて頂きます★
【主 催】 士気の集い・青年部 千田宛て http://blog.goo.ne.jp/morale_meeting
E-mail:morale_meeting@yahoo.co.jp

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)