November 30, 2010

調査会NEWS 第990号

【調査会NEWS990】(22.11.26)

■DNAデータ不開示

※本日の記者会見で以下の発表を行いました。なお、山梨県警からの回答文書を下に付けてあります。

「山本美保さんに関わるDNAデータ偽造疑惑事件」DNAデータ不開示回答について


特定失踪者問題調査会代表 荒木和博

去る11月11日、特定失踪者山本美保さんの家族、地元の支援団体「山本美保さんの家族を支援する会」及び調査会では山梨県警本部長に山形の身元不明遺体及び森本美砂さんの血液のDNAデータの開示請求を行ったが、このたび県警から「不開示決定通知書」が家族宛に届いた。

すでに明らかになっているように、山本美保さんと山形の身元不明遺体は遺留品、体格などがことごとく異なっており、遺体の状況なども失踪17日後とは到底考えられず、両者をつなぐものはDNA鑑定書しか存在しない。それをあえて隠そうとすることはさらに警察に対する疑惑を深めるものである。

今回の不開示決定は私たちにとって到底認められるものではなく、法的対応を行わざるを得ない。今後法律家の会(北朝鮮による拉致と人権問題に取り組む法律家の会)、地元支援者及びご家族と協議をしながら甲府地裁へのDNA鑑定書の証拠保全の申し立てなども含め準備を進める予定である。

いずれにしても本件は、中学生でも分かるようなごまかしを警察や官邸がこの6年間、自民党政権・民主党政権を通じ続けてきたという事件である。このような状態で「政府は拉致問題に真剣に取り組んでいる」と言われても国民が信用できないのは当然であり、現在様々な情報のある特定失踪者についても、およそ救出や拉致認定という視点から処理されていないと見られても仕方ないであろう。その意味でこの事件は国家の本質に関わる重要な問題であると言える。また言うまでもなく日夜治安を守るために身を捧げている大部分の警察官への冒涜でもある。

調査会としても国会における丸山潤・山梨県警警備一課長(当時)の参考人招致など、様々な形で真相を明らかにしていく予定だが、何より本件に関わってきた当事者、現在の担当者が自浄作用を働かせ警察に対する国民の信頼を回復させるよう、切に求める次第である。

以上

<山梨県警からの不開示通知>

第4号様式(第6条関係)
梨備一情五第54号
平成22年11月22日

森本美砂殿

山梨県警察本部長

行政文書不開示決定通知書

平成22年11月11日付けで請求のあった行政文書の開示については、山梨県情報公開条例12条第2項の規定により、次のとおり、開示しないことを決定したので、通知します。

行政文書の表示
・平成15年6月12日付け、山梨県警察本部刑事部科学捜査研究所収受の鑑定書
・平成16年3月5日付け、山梨県警察本部警備部警備第一課収受の鑑定書

開示しない理由
当該文書は、現在捜査中の事案に関する文書であり、刑事訴訟法第53条の2第1項に規定する「訴訟に関する書類」であることから、山梨県情報公開条例第4条の規定に該当し、不開示とする。

担当課等 警備部警備第一課

教示
この決定について不服がある場合は、この通知書を受け取った日の翌日から起算して60日以内に山梨県公安委員会に対して審査請求をすることができます。また、この決定の取り消しを求める訴えをする場合は、この決定の通知を受けた日の翌日から起算して6か月以内に、山梨県を被告として(訴訟において県を代表する者は山梨県公安委員会となります。)、提起することができます(決定を知った日から6か月以内であっても、決定の日から1年を経過すると決定の取り消しの訴えを提起することができなくなります。)。ただし、審査請求をした場合は、この決定の取り消しの訴えは、その審査請求に対する裁決の送達を受けた日の翌日から起算して6か月以内に提起しなければなりません。

■調査会役員の参加する講演会等の予定(一般公開の拉致問題に関するイベントのみ)


★11月27日(土)13:00~「北朝鮮に拉致された日本人を救出する為の秋田集会」(救う会秋田主催)
●協働大町ビル(秋田市大町3-2-44 TEL.018-863-2111)
●代表荒木が参加
●問合せ先:松村代表(090-3368-3155)

★12月2日(木)18:00~「拉致講演会」(和歌山ブルーリボンの会主催)
●紀南文化会館(田辺市新屋敷町1 0739-25-3033)
●常務理事三宅が参加
●問合せ先:宮田事務局長(090-4906-7838)

★12月11日(土)12:40~「アジア人権人道学会第3回総会」(同学会主催)
●明治大学駿河台校舎・リバティタワー(お茶の水・新御茶ノ水・神保町駅下車 03-3296-4545)

●代表荒木が参加
●問合せ先:glhumanasia@yahoo.co.jp

★12月18日(土)19:00~「北朝鮮に拉致された日本人の救出支援集会」(加西ブルーリボンの会主催)
●加西市民会館(兵庫県加西市北条町古坂1-1 0790-43-0160)
●代表荒木が参加
●問合せ先:丸岡代表(090-8794-2989)

★平成23年1月8日(土)13:30~ 「北朝鮮人権侵害問題啓発講演会」(益田市主催)
●島根県芸術文化センター(益田市有明町5-15 0856-31-0601)
●代表荒木が参加
●問合せ先:益田市経営企画部地域振興課(0856-31-1860)

★平成23年1月24日(月)14:00~ 「北朝鮮人権侵害問題啓発講演会」(福岡市主催)

●福岡市役所
●代表荒木が参加
●問合せ先:福岡市人権企画課(092-711-4338)

MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM
特定失踪者問題調査会ニュース
---------------------------------------------------------
〒112-0004東京都文京区後楽2-3-8第6松屋ビル401
Tel03-5684-5058Fax03-5684-5059
email:chosakai@circus.ocn.ne.jp
調査会ホームぺージ:http://www.chosa-kai.jp
発行責任者 荒木和博●資金カンパのご協力をよろしくお願いします。
郵便振替口座00160-9-583587口座名義:特定失踪者問題調査会
銀行口座 みずほ銀行 飯田橋支店 普通預金 2520933 名義 特定失踪者問題調査会
(銀行口座をご利用で領収書のご入用な場合はメールないしFAXにてご連絡願います)

MMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMMM

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)