November 21, 2010

12月5日・第10回 良くわかる歴史講座・大阪

茨木市教育委員会後援
第10回 良くわかる歴史講座
テーマ「日本と世界の精神史」
代表 吉田康彦
 日本は温暖な気候の中で四方を海に囲まれ、他民族の襲撃で生命を脅かされることもなく、生活が守られたいわば幸福な民族である。そんな環境の中では譲り合い、助け合うことこそ生きるための知恵であったのだ。近代化はあっけなくその神話を打ち砕き、守るすべを知らない無防備な国土であることをさらけ出した。やるか?やられるか!の修羅場を潜り抜けてきた諸外国のたくましさが、今、日本を追い詰めているかと思われる中「日本民族」は生き延びていけるのか?
 今回は、日本を憂い、日本の立場を常に発信し続けるリーダー・南木隆治氏においでいただき、現代日本の危うさと、世界の国との比較をその精神史・宗教史を比較しながら、身近な話題も交えてわかり易くお話ししていただきます。果たして私たちは正しく「祖国日本」を、そして私たち自身をとらえて見据えているでしょうか? 皆様と一緒に考えてみる日にしましょう。

 歴史は日本人のルーツを探る深い学習です。歴史を知れば日本人として豊かになれます。
 講座は大好評です。お友達を誘ってどうぞお気軽にご参加ください。
 歴史の好きな人も苦手な人も、どうぞご参集下さい。



日時:平成22年12月5日(日)・2:00-3:40
場所:茨木市福祉文化会館303号室
   (駅前4−7−50 ?072−623−3962)
講師:南木隆治(みなきたかはる)氏(大阪府立視覚支援学校教諭)
費用:無料
*問い合わせ先:吉田090−8579−0056
        河村090−2109−1535


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)