November 01, 2010

12月3日〜・映画『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』・神戸

映画『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』は、
関西では、12月3日(金)から
神戸映画資料館でのみ公開されるそうです。

神戸映画資料館 
神戸市長田区腕塚町5丁目5番1 
アスタくにづか1番館北棟2F 201
078-754-8039(FAX兼)
http://kobe-eiga.net/
info@kobe-eiga.net
開館時間は、水曜および木曜のぞく10:30〜18:00です。
JR(大阪および姫路方面)からは 新長田下車、南へ徒歩5分
------------------------------------------------------------
映画『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』は
11月13日より、新宿K's Cinema、横浜ニューテアトルほかで
全国順次公開予定です
-----------------------------------------------------------------
[シネマトゥデイ映画ニュース]より
 29日、第23回東京国際映画祭、日本映画・ある視点部門の正式招待作品に決まっている映画『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』でメガホンを取ったすずきじゅんいち監督が、自宅のあるロサンゼルスからラスベガスに向かう途中に交通事故に遭い、右耳上頭部を切り、あばら骨4本など骨折、肺打撲を負うなどの重傷となった。一時は命も危ぶまれたが、現在は東京国際映画祭のために日本に帰国する意思も示しているという。
 すずき監督は、妻で、最近では2008年の映画『大決戦!超ウルトラ8兄弟』に出演した女優の榊原るみと共に同窓会に出席するために自宅のあるロサンゼルスからラスベガスに向かう途中、何かを踏み、ガードレールに接触。車は2回転半し、すずき監督は、右耳上頭部を切り、あばら骨4本など骨折、肺打撲を負うなどの重傷となった。妻の榊原は、後部座席でシートベルトをしていたため、全身打撲で済んだ。
 手術をし、集中治療室に入っていたというすずき監督だが、現在は一般病棟に移動し、意識もはっきりしているとのこと。事故のときの記憶はなく、ヘリコプターで救出されたことも覚えていないという。『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』の宣伝担当者は、東京国際映画祭出席するために、日本に帰国したいと話しているすずき監督が、23日のグリーンカーペットに立てるよう、サポートすると話している。
 『442 日系部隊・アメリカ史上最強の陸軍』は、第二次世界大戦時に日系人で編成され、父母の祖国・日本と戦う苦悩を抱えながら戦った442日系部隊を、兵士たちの最後の証言でつづったドキュメンタリー映画。2008年公開の映画『東洋宮武が覗いた時代』で、2010年マウイ・フィルム・フェスティバル<観客特別賞>を受賞したすずき監督がメガホンを取った。

フイルムヴォイス(株)
代表取締役:鈴木隆一
所在地:東京都千代田区五番町4-5 五番町コスモビル
電話:03-5226-0168/FAX:03-5275-5879


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)