July 04, 2010

「独立記念日」を祝える幸せ

アメリカに住んで7年になります

この国にはおかしなことが山のようにあり
在米日本人と話をしていると
社会システムに文句を言う人が多いです
「日本はいいよなぁ」と言うのが
口癖のようになっている人もいます
そういう人が日本になぜ帰らないのか
筆者は疑問なのですが
そうは言うものの
何か居心地がいいから
アメリカにとどまっているわけです

筆者もアメリカはへんなところだと思うことがありますが
尊敬できるところもたくさんあるし
羨ましく思うこともたくさんあります

それが、今日、7月4日の独立記念日です

民主党でも共和党でも
リベラルでも保守でも
アメリカ人はこの日は
祖国の誕生を祝います

日本には建国記念の日がありますが
ついぞそれを
祖国の誕生日として
すべての国民が心をひとつにして
祝うなどということを
聞いたことがありません

それが架空の日だからというのは
理由になりません
なぜなら日本は
実際の成立の日がわからないほど古い
世界最古の国だからです

そういった当たり前のことを
教育しないのですから
当たり前の話ですね

近代国家というのはアメリカに限らず
なべて人工的なものです
統合するための装置が必要であり
そのために象徴としての君主や国旗・国歌
そしてそういった記念日がある訳です

占領政策と戦後教育が
日本人に意図的に求心力を失わせたことは
議論の余地がありません
世紀末に、「右傾化」といわれた教育再生や
歴史の正しい評価の運動は
国民の間にタブーをなくしましたが
マスコミや政治家は
自己規制によって
結局のところその正常化を
骨抜きにしてしまったような気がします

筆者は現今の亡国の状況を考えるとき
独立記念日のない
ある意味で誇るべき国が
それを必要としているということに
気づかされています

この国に多くある矛盾が
7月4日に瞬間的に忘れられ
祖国を祝うことができる

こういう瞬間を共有できる日が
私たちにもあればと思いますが
左翼も国を愛しているアメリカと違い
日本の左翼は国を滅ぼすことしか考えていませんから
結局、無理なのでしょうか
【怪童】



トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)