June 05, 2010

6月20日・河内国民文化研究会夏季例会・大阪

 迷走を続ける基地移転問題、緊迫化する朝鮮半島情勢、混乱する政局、日本の政治はいったいどうなっていくのか。この国をいったい誰が立て直すのか。この課題に命を賭して向き合おうとしている三人の識者が一堂に会し、この国のこれからを歯に衣着せずに論じます。
 本会会長三宅博の盟友である西村眞悟先生に加え、今回は、著名な国際問題アナリストである藤井厳喜先生が来阪されます。三宅博会長も大学で聖徳太子の思想を学び直そうと六十を過ぎてなお意気盛んです。家族、友人をお誘い合わせのうえ、ぜひご参加ください。
実施日時  6月20日(日)午後6:30〜8:30
(午後6時開場・受付開始)
実施会場  八尾プリズムホール(八尾市民文化会館)4階・第一会議室
*近鉄大阪線・八尾駅下車東へ徒歩5分(西武百貨店駐車場隣り)
ご講演   西村眞悟先生(本会顧問・元衆議院議員)
藤井厳喜先生(国際問題アナリスト・拓殖大学客員教授)
三宅博(本会会長・元八尾市市会議員)
統一テーマ 「どうなる日本、どうする日本」
参加費用  無料(会員でない方は1000円の参加費のご負担をお願いします。)
参加方法  当日直接会場にお越しください。
懇親会   終了後に講師を囲んでの懇親会を1階・カフェプリズムで開催します。参加費は、3000円です。参加ご希望の方は、当日受付にてお申し出ください。
*藤井厳喜先生のご略歴
昭和27年東京都生まれ。早稲田大学政治経済学部政治学科卒業。1977〜1985年、アメリカ合衆国へ留学。クレアモント大学大学院で政治学修士号取得。ハーバード大学政治学部大学院へ進み、政治学博士課程修了。ナショナリストでありながら、常にグローバルな視点と時代の構造変化を視野に入れ、日本の国益増進を念頭に展開する著者の言論活動は多くの支持者を獲得している。1990年代の日本のバブル崩壊、2008年9月以来の世界金融恐慌などの大胆な予測を数多く的中させてきた。未来を的確に見抜くその予測能力は、内外の専門家から高く評価されている。現在、拓殖大学日本文化研究所・客員教授、株式会社ケンブリッジ・フォーキャスト・グループ・オブ・ジャパン代表取締役。近著に「どんと来い!大恐慌」(ジョルダンブックス)がある。
「河内国民文化研究会」事務局(連絡先:?.072-949-1388)
三宅博メールマガジンはリンクフリー、転載フリーです。
平沼グループ  三宅博  http://m-hiroshi.com/


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)