May 30, 2010

教育再生メールニュース第115号

◇---------------------------------------------------◇
教 育 再 生 メールニュース
【第115号】平成22年5月20日(木)
発行:一般財団法人日本教育再生機構 事務局
◇----------------------------------------------------◇
本日の内容 
1、6月5日(土)シンポジウム「日本文明における天皇」の参加予約、好評受付中
2、5月30日(日) 田中英道先生と行く 『歴・思の旅』 開催のお知らせ
---------------------------------------------------
6月5日(土)シンポジウム「日本文明における天皇」の参加予約、好評受付中
-----------------------------------------------------
 教科書改善の会主催、第4回日本文明論シンポジウム
「日本文明における天皇」が予約好評受付中です!
 天皇を中心に繁栄した日本文明の歴史。
 いま世界史的見地からその特質をとらえ直す!
 比較文明論、神話、万葉集、御製、皇室制度、歴史・公民教育etc. . .

第4回日本文明シンポジウム
「日本文明における天皇」

≪基調講演≫
■ 渡部昇一 氏(上智大学名誉教授)
…天皇・皇室をめぐる歴史・社会評論の第一人者。
≪パネリスト≫
■ 平川祐弘 氏(東京大学名誉教授)
…比較文学研究の第一人者。
読売文学賞、日本エッセイスト・クラブ賞など受賞多数。
■ 長谷川三千子 氏(埼玉大学教授)
…『からごころ』著者。『バベルの謎』で和辻哲郎文化賞受賞。
■古田島洋介 氏(明星大学教授)
…大正天皇御製、漢文研究の第一人者。
『大正天皇御製漢詩の基礎的研究』著者。
『鴎外歴史文集』で島田謹二記念學藝賞受賞。
■ 八木秀次 氏(高崎経済大学教授・日本教育再生機構理事長)
…『国民の思想』『本当に女帝を認めてもいいのか』著者。
≪コーディネーター≫
◆伊藤隆 氏(東京大学名誉教授)
◆日時◆
6月5日(土)  
13時30分開会(13時開場)17時閉会予定
◆会場◆
帝京平成大学 冲永記念ホール
(東京都豊島区東池袋2‐51‐4)
http://www.thu.ac.jp/okinaga/access.html
JR池袋東口より徒歩12分
有楽町線東池袋駅より徒歩10分
◆定員◆
600名(先着順)
なお、席に限りがありますので、お早めにご予約をお願いします。
◆参加費◆
2,000円(当日会場受付にて、お支払いください)
※なお、日本教育再生機構の会員特典としまして
法人サポーター・個人サポーターの方は、ご招待、準サポーターの方は、1500円に割引させてただきます。
(サポーター制度について詳しくは、こちらをご覧ください)⇒http://www.kyoiku-saisei.jp/support/support.html
◆ご予約方法◆
 ご参加希望の方は、下記項目をご記入の上、このメールをご返信ください。
○郵便番号
○ご住所
○お名前
○お電話番号
○参加人数
○備考(複数人で参加される方は、代表者様のお名前と参加人数をご明記ください。)
FAX・郵送をご利用の方は、下記へお送り下さい。
【FAX】 03−3835−2436 
【郵送】 郵便番号 110−0015 東京都台東区上野1−17−1 大湖堂ビル4階
教科書改善の会 シンポジウム係
【お問合せ電話番号】 03−3831−7620
◆主催◆
教科書改善の会
◆共催◆
一般財団法人日本教育再生機構
◆後援◆
帝京平成大学

------------------------------------------
■5月30日(日):「田中英道先生と行く『歴・思の旅』
第四回 鎌倉国宝館と鶴岡八幡宮」のご案内  
--------------------------------------------
 新緑の美しい季節となりました。
 当機構では、美術史学の泰斗・田中英道先生(東北大学名誉教授)をお招きし、ご一緒に、美術品や文化財をじっくりと観賞し、 興味深いお話を田中先生からいただく、楽しい企画をご用意しました!
 今回(第四回目)となる旅の行き先は、鎌倉国宝館と鶴岡八幡宮です。源氏の守護神として源頼朝から厚い尊崇を受けた鶴岡八幡宮は、以降、国家鎮護の神として、その信仰は鎌倉に留まらず全国に広まりました。その鶴岡八幡宮の境内に位置する鎌倉国宝館には、鎌倉地方に伝わる彫刻・絵画・工芸などの資料が数多く収蔵されており、古都鎌倉が生んだ芳醇な文化を感じられる展示を随時行っています。
 特に現在、「鎌倉の至宝-国宝・重要文化財-」という特別展を開催しており、鎌倉五山の禅宗文化を深く味わうことができる貴重な機会となっています。また今回も事前に田中先生から講義を拝聴することで、鎌倉文化だけに留まらず、日本や美術史といった、より広い視点から観覧することができる構成となっています。
 「武士道」に代表される日本人の精神性の基調となったともいわれる、質実剛健の文化を、知識と体験という二つの側面から触れることができる贅沢な講座です。
 身近に日本文化や歴史、日本のよさを実感できる絶好の機会です。
【当日の行程】
日時:平成22年5月30日(日曜日)
午後13時00分   JR鎌倉駅東口交番前集合
午後13時05分〜 鎌倉市生涯学習センターにて田中先生の講義
午後14時30分〜 鎌倉国宝館・鶴岡八幡宮の観覧
参加費用:3000円(鎌倉国宝館・八幡宮宝物殿拝観料・会場使用料込み)
募集定員: 30名 (定員になり次第、申し込み終了)
詳しくは、日本教育再生機構ホームページまで。
http://www.kyoiku-saisei.jp/index.html
お申し込み・お問い合わせ先 
一般財団法人日本教育再生機構事務局
【電話番号】  03-3835-2435 受付時間・10:00〜19:00(土・日・祝祭日を除く)  
【E-Mail】 office@kyoiku-saisei.jp
・参加お申込みの方は、下記項目をご記入の上、このメールをご送信ください。
≪5月30日開催  『歴・思の旅』 申込≫
・ご住所 
・お名前
・電話番号
・参加人数
※『歴・思の旅』は今後も連続講座として開催予定です。
詳細は、日本教育再生機構ホームページでご案内いたします。
─────────────────────
教育再生メールニュース
◇発行元   : 日本教育再生機構 事務局
◇ホームページ: http://www.kyoiku-saisei.jp/
◇ご意見、ご感想、ニュース申込み:
[ Mail ] office@kyoiku-saisei.jp
[HomePage] https://sec17.alpha-lt.net/kyoiku-saisei.jp/yobo01.htm
※タイトルに「ニュース申込み」と明記の上、送信下さい
★このニュースは転送歓迎です。教育再生の同志の皆さんに、ぜひおススメ下さい。
───────────────────────
一般財団法人 日本教育再生機構
〒110-0005 東京都台東区上野1-17-1 大湖堂ビル4階
Tel :03-3835-2435 Fax: 03-3835-2436
───────────────────────

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)