May 29, 2010

つくる会FAX通信第274号

新しい歴史教科書をつくる会
つくる会FAX通信
第274号 平成22年(2010年)5月21日(金)  送信枚数3枚
TEL 03-6912-0047 FAX 03-6912-0048

浜教組の違法行為について文部科学大臣に申し入れ
違法文書の完全回収と厳正な処分を要求

新しい歴史教科書をつくる会は、横浜市教職員組合(浜教組)が行った教科書使用に関する違法行為に関して、5月21日、川端文部科学大臣に対して、下記の通り文書で申し入れを行うとともに、文科省記者クラブで会見を行いました。

申し入れた内容は、つぎの通りです。

     

平成22年5月21日

文部科学大臣 川端達夫殿

                         新しい歴史教科書をつくる会

                               会長 藤岡信勝


       横浜市教職員組合(浜教組)の違法行為に関する申し入れ



 (1)横浜市では、昨年度の教育委員会による教科書採択で、中学校社会科歴史的分野の教科書として、自由社の『新編 新しい歴史教科書』が18行政区のうち8区において採用され、本年度から使用開始となっていました。ところが、この4月初めに、かねてから自由社教科書の採択反対・採択撤回運動を進めていた横浜市教職員組合(浜教組)が、自由社の歴史教科書の記述内容の問題点を指摘した上で、教科書にかわる教材を使用した「中学校歴史資料集」(42ページ)を、1万人を超える教員に配布しました。

 (2)この資料集は、室町時代の民衆と一揆、江戸時代の身分制社会、大日本帝国憲法、日清戦争、日露戦争、アジア太平洋戦争の6つの項目を立て、自由社の教科書からいくつかのパラグラフを引用して「問題点」を指摘しています。それによって、自由社の教科書を使ってはならないのだと、教員に思い込ませるようになっています。
その上で、「授業の展開例」と「資料」が掲載されていますが、資料はすべて、自由社以外の他社の教科書および一般図書からの引用で、自由社の教科書に掲載された資料は、ただの一つも使われていません。江戸時代の身分別人口の割合を示す円グラフは、同じ資料が自由社の教科書に掲載されているにもかかわらず、他社の教科書からわざわざ引用するなど、「自由社教科書を使わなくてもこのように授業ができる」という、具体的なマニュアルを示すものとなっています。
 それら指導案の内容は、時代遅れとなった階級闘争史観、貧農史観、日本をことさらにおとしめる自虐史観に貫かれた、悪名高い「日教組教育」そのものです。
さらにあとがきでは、「他の単元についても」同様の研究をすることを呼びかけており、6つの単元にとどまらず、今後すべての単元で自由社の教科書を使わずに授業をすることができる条件をつくろうとする意図が露骨に表明されています。

 (3)この資料集が意味するものは、文部科学大臣の検定を経て、横浜市教育委員会がその権限と責任に基づき正規の手続きに従って採択した教科書を、現場の教員に使用させまいとする、組織的で大がかりな「教科書不使用運動」です。これが、教員の教科書使用義務を定めた学校教育法などの一連の法規に反する極めて悪質な違法行為にあたることは明白です。
 横浜市が定めた横浜市立学校の管理運営に関する規則でも、「小中学校において使用する教科書は、教育委員会が採択したものでなければならない」と明記されています。裁判所の判例でも、教科書使用義務の具体的な解釈として、「授業に持参させ、原則としてその内容の全部について教科書に対応して授業すること」(昭和58年12月24日、福岡高裁判決)とされ、「特定の教科書の内容が自分の考えと違うとの立場から教科書を使用しないのは、懲戒処分の理由に該当する」(平成2年1月18日、最高裁判決)ともされています。
 横浜市教職員組合の今回の違法行為を放置するとするなら、教科書検定制度と採択制度の根幹を揺るがし、教育委員会制度を否定し、教育現場は法を無視した教員組合の恣意やイデオロギーがまかり通る無法地帯となり、日本は法治国家の実を失うことになります。こうした事態を絶対に許してはなりません。

(4)さらに、このような違法行為を煽る労働組合の文書が、管理者である教育委員会の正規の運搬システムである「学校ポスト」を無断使用して教員らに配られていたことも発覚しました。「学校ポスト」は横浜市が年間5300万円の費用をかけているシステムで、公務以外の組合活動や教職員の私的利用は厳禁されているものです。これもまた、労働組合による公的制度の私物化です。今までも、このようなやり方が日常化していなかったか、厳しい検証が必要です。

 (5)さすがに、横浜市教育委員会は4月28日付けで山田巧教育長名で「横浜市教職員組合執行委員長柳井健一」宛てに「警告」文書を発信し、ゞ軌薜儖会による適正・公正な採択を否定し、授業の中で資料集のみを使用して指導する展開例が示されており、「極めて不適切」である、∈鯒8月に、業務外・私的利用を禁止する通知をしたにもかかわらず、学校ポストが使用されたことは「極めて遺憾」であるとしたうえで、「今後、このような文書を教員に配布しないこと」、「学校ポストについて、職員団体活動に使用しないこと」の2点をもとめました。
 また、同時に学校長宛てに通知を出し、「各学校においては、文部科学大臣の検定を経て横浜市教育委員会が採択した教科書を必ず使用しなければなりません」と述べて、適切な教育課程管理を指示しました。
しかし、それだけですまされてはなりません。違法行為を教唆する資料集は直ちに回収させるべきであり、また、そのような資料の作成に関与した教員と「学校ポスト」を違法に利用した教員を処分すべきです。上記の横浜市教育委員会の措置は、浜教組に甘い、微温的なものにとどまっています。

 (6)教員には、教科書採択について決定権はないものの、多くの自治体では意見を具申することが採択制度の一環として認められています。その正当な意思表明の枠を超えて、その外側から、日教組などの労働組合が自分たちのイデオロギーに合わない特定の教科書を公然と排斥したり、教育委員会が適正・公正な手続きで採択した教科書の撤回を求めたりする運動が、批判や厳罰に逢うことなく見逃されてきたことに、今回の不祥事の根本原因があります。
 実際にも、浜教組は、採択期間中から「つくる会教科書」の不採択運動を進め、採択後は採択撤回運動に取り組み、503分会の署名を集約し、街頭で市民にまで署名を呼びかける行動に出ました。今回の「教科書不使用マニュアル」の配布は、単にその活動の延長であるにすぎません。教科書を使用して授業をする職務をになって雇われている地方公務員が、その教科書を批判し採択撤回を求める署名活動まですることの異常さに気付かないほど、教育現場は日教組イデオロギーに汚染されてしまっているのです。今回の問題を根本的に正すためには、教員組合による教育内容への「不当な介入」(教育基本法第16条)を根本的に禁止する措置がとられるべきである。

 (7)以上のことに基づき、文部科学大臣におかれましては、上記の趣旨をよくご検討いただき、次の諸点について取り組まれるよう切望いたします。
 〆2鵑良誘義箸砲茲襦峩飢塀馼垰藩儕親亜很簑蠅了実関係を徹底的に調査すること。
 ∈独を防止し、この種の違法行為の根絶を目指して、浜教組の違法な資料集を直ちに回収させ、関係者を厳重に処分するように横浜市教育委員会を指導すること。
 今後、日教組など教職員組合による、特定の教科書を排斥するなどの教育内容行政への「不当な介入」を禁止する抜本的な措置をとること。
 ざ軌の教科書使用義務について、教員ならびに一般社会に広く知らしめること。
   (以上)


 岡野俊昭理事が参議院選挙出馬のため理事を辞任

 当会の岡野俊昭理事から、本年7月に実施予定の参議院議員選挙に日本創新党から比例区候補として立候補するため理事を辞任したい旨申し出があり、5月17日に開催した第135回理事会で承認されましたのでお知らせします。

------------------------------------------------------------------------

つくる会FAX通信を印刷される方はこちらのURLをクリックして下さい。
(PDF形式)
http://www.tsukurukai.com/fax-news/fax-news274.pdf
上記の文書が開かない方はAcrobat Readerをダウンロードする必要があります。こちらのURLより無償でダウンロードできます。
http://www.adobe.co.jp/products/acrobat/readstep2.html


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)