November 12, 2007

国王怒る! 天皇陛下は無理だとしても…

スペイン国王ホアン・カルロス1世
(マスコミはJuanを「フアン」と書いているがそんな発音にはならない)が
口汚くスペインの首相を罵った無礼者
ベネズエラのチャベス大統領を
国際会議の席で一喝したらしいです
(産経の記事は追記)

やるなぁ〜
さすがはブルボン家

天皇陛下には
そんなことはしてほしくないけど
せめて日本の政治家には
中国や韓国の政治家の言いたい放題に対して
怒るというパフォーマンスを
一度くらい見せてほしいですねぇ

しかし、痛快な事件です
【怪童】

産経の記事は
下記の通りです

「黙れ!」スペイン国王が激怒 
2007.11.12 08:42
 チリのサンティアゴで8日から中南米諸国とスペイン、ポルトガルによるイベロアメリカ首脳会議が開催され、最終日の10日、スペイン前首相を批判したベネズエラのチャベス大統領に対し、スペイン国王フアン・カルロス1世が怒りをあらわにし「黙れ」と発言する一幕があった。

 首脳会議の公開討論での、こうした感情的なやりとりは極めて異例。アルゼンチンとウルグアイの大統領も、両国国境地帯のウルグアイ側に建設されたパルプ工場の安全性をめぐり激しく対立。首脳会議は荒れ模様となった。

 報道によると、反米左翼のチャベス大統領は会議の中で、イラク戦争への参戦を決めたアスナール前スペイン首相を「ファシストだ」「ヘビの方がまだ人間らしい」などと強い口調で繰り返し批判。

 10日はスペインのサパテロ首相が「前首相も民主的に選ばれた。敬意を払うべきだ」とチャベス大統領に苦言を呈した。大統領が何度も反論のため首相のスピーチを遮ろうとしたところ、首相の隣にいたフアン・カルロス一世が身を乗り出して大統領を指さし「黙らないか」と発言した。

 チャベス大統領は政敵に対する激しい非難で知られる。昨年は国連総会の場でブッシュ米大統領を「悪魔」と呼んでののしり、物議を醸した。

 首脳会議は、各国が協調して社会政策を推進、域内の貧富格差縮小を目指すことなどをうたった宣言を採択し閉幕した。(共同)


トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)