June 09, 2007

李登輝元大統領が靖国神社昇殿参拝

少し間が空いてしまいました
現在沖縄に滞在しています

旅先でニュースに疎くなっているのですが
表題の通り
李登輝元大統領が
素晴らしい事をされたようです
ご同慶の至りです

英霊であるお兄さんの祭られている場所に
例えどんな立場の人であろうと
会いに行こうとされるのは
当然の事であり
その方々が日本を守ってくださった事に
感謝の意を表することを
躊躇したり批判したりする事は
少なくともマトモな日本人にはできないことでしょう

さて昨日は、豊見城市にある
海軍司令部壕に行って来ました

硫黄島に行った時もそうでしたが
底に残る英霊の息遣いは
訪れる者に「不戦の誓いを新たにさせ」るのではなく
自分達が守ろうとしたこの国を
どうしてお前達は引き継ごうとしないのか
という嘆きの声に聞こえます

海軍壕へは家内と義姉と共に行きました
半分アメリカ人の血を引く彼女達は
英語で書かれた太田中将の最後の電文に涙しました

彼女らの母方の祖父は祖父は
沖縄で名誉の戦死を遂げた英霊です

明日は大阪へ移動し
旅の終りには
靖国神社にお参ります

その間、更新が少し滞るかもしれません
ご容赦下さい
【怪童】

トラックバックURL

コメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価:  顔   星
 
 
 
ツイートしてください!
自由主義史観研究会北米支部より
心ある日本人・日系人の皆さんへ
このブログのバナーです

こちらは、
自由主義史観研究会北米支部が
運営する
Anti Japan Media Examinerです
「南京大虐殺」
「慰安婦の強制連行」などなど、
中国や韓国によって作られ、
アメリカに守られている
偽の歴史に抗議しましょう。
祖先に唾する
反日日本人・反日日系人と
戦いましょう。
偽の歴史を押し付ける行為は、
日本人に対する差別です。
日本人と日系人の将来を守るために、
皆さんの力を結集しましょう。
連絡をお待ちしております。

自由主義史観研究会北米支部のサイトへ





自由主義史観研究会北米支部より
情報提供のお願い
 『再審「南京大虐殺」―世界に訴える日本の冤罪』(日米両語)を
アメリカの影響力ある人々や歴史学者に
寄贈する運動に協力をしています。
 既にすべての上下両院議員には
送付していますが
今後更に多くのアメリカ人に、
偽南京事件が冤罪であり
日本人に対する人種差別であることを
知ってもらえるように
この運動は継続されます。
 闇雲に配布することは
無駄になりますので
是非、本ブログの読者の方にも
情報提供をお願いします。
送り先としてふさわしい在米の人物について
連絡先とともにそのプロフィールを
お知らせいただければ幸いです。
植民地支配者による
チベット大虐殺を許すな!!
チベット国旗
チベット大虐殺に抗議し
チベット人の民族自決を
植民地支配者・中共に要求しよう!
ご注意
 先日からこのブログの最新記事末尾に、広告が強制的に掲示されています。これは、自由主義史観研究会北米支部がお勧めしているものではありませんので、ご注意ください。
もっと理論武装しましょう!




現地時刻

New York


Chicago


Salt Lake City


San Francisco


Honolulu


アメリカ村
 
AMAZON検索をどうぞ!
中国漁船による領海侵犯及び
海上保安庁巡視船に対する
テロ行為を告発した憂国の志士
"Sengoku38"氏の壮挙を
無駄にしないためにも
第5管区海上保安本部に
激励のメールや電話をお願いします
第五管区海上保安本部総務部総務課
〒650-8551
神戸市中央区波止場町1番1号
電話番号078-391-6551(代表)
soumu-5@kaiho.mlit.go.jp


livedoor Readerに登録
RSS
livedoor Blog(ブログ)